AKI―エーケーアイ―
当ブログは9月28日、「新しい快速電車の勢い」から名称を変えました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ラピ@印西星人

Author:ラピ@印西星人
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
所在地:印旛沼のあるところ
誕生日:西城秀樹さん、(故)藤田まことさん、上沼恵美子さん、萬田久子さん、水嶋ヒロさんと同じ。
誕生日の花:いちご(花言葉:誘惑 甘い香り)
(スジャータによる)
血液型:A
性別:風水では「火」「陽」の気を持つと言われている性
誕生年月:ピンク・レディーがデビューする4箇月程前。
星座:おひつじ座
苦手なもの:行列、混雑・渋滞、夜更かし、長い連勤
PR:当ブログは年中無休、新しい快速電車の勢いで毎日更新!



新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ



FC2カウンター

■アクセスカウンター■ 当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産フェス、行って来た(2011)!!
さて昨日は、第24回鎌ヶ谷市産業フェスティバルに行って来ました。

産フェス1

今年は、鎌ヶ谷市市制施行40周年記念、ならびに鎌ヶ谷市商工会創立50周年記念という、両者の節目という、まことにおめでたい記念の年での開催となりました。

そして産フェス(註:鎌ヶ谷市産業フェスティバル)のほうも来年で25周年記念ということで、すっかり鎌ヶ谷の秋の風物詩として定着しています。

上の写真は、アリーナ内の様子を観客席から撮影したものですが、ステージでは幼稚園児によるよさこいが披露されていました。

そのステージでは、10時半から鎌ヶ谷市の新しいマスコット・かまたんのお披露目式がありました。

10月26日のハピモでも紹介がありましたが、鎌ヶ谷市のマスコットといえばカビーじゃなかった!?あれ、違った!?

産フェス3 

尚、カビーのほうはというと、冷静に考えればここに来ている暇はないのです。というのは、鎌スタでCSのパブリックビューイングがあったからです。

それから、去年は、というか毎年あるはずのファイターズコーナーもありませんでした。やはりCSのパブリックビューイング優先なんだなと感じました。

さらに今回大忙しなのは、ここでも鎌スタでも出店を出す仁陣と、ここへも鎌スタ方面へも臨時バスを出す船橋新京成バスです。両者とも本当にお疲れ様です。

こちらへの臨時バスは、先日もお知らせした通り、新鎌ヶ谷駅の南口交番(千葉県鎌ヶ谷警察署新鎌ヶ谷駅前交番)前から出ます。

産フェス2

だいたい15~30分間隔です。

体育館の外は模擬店が多数出ていました。今回立ち寄ったのは、いつも鎌スタで世話になっている仁陣、佐川幸江(さがわ ゆきえ)の店(美容室)の2箇所です。

仁陣のほうは豚串、フランクに、鎌スタのカラーボールのプレゼントの品にもなっている焼きそば。

佐川幸江の店は、豚汁とじゃがバター。じゃがバターで使われているじゃがいもは、なんと北海道にある自家農場製だとか!
豚汁は、大根によく味がしみ込んでいて美味い!豚汁といえば、なんか町内会の味という感じがします。

外の出店では東中沢たぬき(お好み焼き)、ハピモでも当然のように紹介のあった、大仏コロッケの清田精肉店(船橋市咲が丘(さきがおか))、パンのパンテオン、ビーファクトリーなど。

さらに商工会女性部による出店など書ききれない程多数。

アリーナ内のほうでは、食品関係ではイデカフェ、茂野製麺、私市(きさいち)醸造の世話になりました。

イデカフェでは、アイスコーヒーとホットコーヒー(ブレンド)が、通常¥315のところが¥200となっています。
ほかにはコーヒー豆の割引販売に、レトルトのパスタソースやカレー等の販売があります。

茂野製麺では、定番のざるそば味川柳にうどん、手折りめんやうましこつけ麺などの製品が産フェス価格で販売されています。

私市醸造では、主力製品の酢やポン酢、マヨネーズにドレッシング等の販売があります。私市醸造は、市南部の山交差点の前に本社と工場があり、ここに来ると酢の香りが新しい快速電車の勢いで鼻を突きます。

それから山屋食品では、食卓用のソースやケチャップ(註:食べるほう)、レトルトのカレーなどが販売されています。

山屋食品は、本社は東京都江東区にありますが、工場がここ鎌ヶ谷にあります。

これだけ見ると鎌ヶ谷は、梨や大仏、ファイターズのファームだけでなく、かなりひそかに調味料の町とも思えます。

昨日会場に来て、ものすごい行列が目に飛び込みました。それは入場することじたいもそうだったのですが、それだけではなく、東葛食品謹製の中華まんの並びでした。どえらい人気のようですので、お買い求めをご希望の方はお早めに!

お菓子のほうでは、イデカフェと同様先日のハピモで紹介のあったラ・セーヌ、さらにカビーの瓦せんべいで有名な、道野辺八幡宮門前のわくい煎餅なども出店しています。

飲食物関係など物販では、ここに限らずこの手のイベント会場ではイベント特価で発売されるので、かなり得です。

イベント特価といえば、神崎の蔵祭りでも、例えば仁勇では通常の製品が通常より¥100程度安くなっています。

今年は工業部門でも世話になりました。畳と、二重ガラスと、内装の件で相談に乗ってもらいました。

尚、産フェスは今日も行われます。10時~16時までです。
スポンサーサイト

テーマ:鎌ヶ谷市 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newrapid130.blog98.fc2.com/tb.php/2583-8644da57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。