AKI―エーケーアイ―
当ブログは9月28日、「新しい快速電車の勢い」から名称を変えました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ラピ@印西星人

Author:ラピ@印西星人
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
所在地:印旛沼のあるところ
誕生日:西城秀樹さん、(故)藤田まことさん、上沼恵美子さん、萬田久子さん、水嶋ヒロさんと同じ。
誕生日の花:いちご(花言葉:誘惑 甘い香り)
(スジャータによる)
血液型:A
性別:風水では「火」「陽」の気を持つと言われている性
誕生年月:ピンク・レディーがデビューする4箇月程前。
星座:おひつじ座
苦手なもの:行列、混雑・渋滞、夜更かし、長い連勤
PR:当ブログは年中無休、新しい快速電車の勢いで毎日更新!



新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ



FC2カウンター

■アクセスカウンター■ 当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツロウクリームは、実はレンジでもつくれる!!

以前、ミツロウクリームを作ってみたという話をしましたが、実は電子レンジでも作れるという話をします。

いろいろなブログを見てみると、ミツロウクリームをレンチン(註:レンジでチンの略)で作るという記事も多かったのですが、より一層の節電を目指す&熱源は極力ガス派の私としてはどうしても気が進みませんでした。

参考記事:http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-2428.html

しかし先日、ミツロウクリームを新しい快速電車の勢いで喜んでくれた方が、こんどは自分でやってみたいという話になったのですが、彼女の家にはガスがないからどうしようという話になりました。

それでいろいろ考えていたのですが、何週間か経ってこのレンチン(いや今チンなんて音のするレンジなんかないぞ!?)による手法を思い出し、先づは自分がトライしてみました。

☆ミツロウクリームのつくりかた(レンジ編)☆

☆基材
ミツロウ・・・2g
※粒状になっています。1gはこの粒約11粒だそうなので、今回は22粒で2gとみなしました。
ミツロウは、ミツバチが巣を作るときに分泌するワックスで、動物性のロウとして分類されています。ミツバチが分泌するだけあって、ハチミツのような甘い香りがかすかに感じられます。

粒状のミツロウは黄色と白色があります。黄色は未精製、白色は精製済みですが、体質的に問題がなければ栄養分に富んだ未精製の黄色のほうをお勧めします。

ミツロウクリーム

植物油・・・10ml
※今回はホホバオイルを使いました。ホホバオイルは人間の皮脂と似た成分で、他の植物油に比べて、べとつき感がありません。
尚、ホホバオイルは厳密には植物性のロウとして分類されています。

特にアトピー肌や、乾燥肌の方にお勧めです。

エッセンシャルオイル・・・1~2滴
※今回はラベンダー、ゼラニウム各1滴を使用しました。

①先づ、ミツロウと植物油はビーカーではなく、いきなり遮光ガラス瓶に入れてしまって構いません。

尚、湯煎で作る場合にいきなり遮光ガラス瓶で温めようとすると、熱が伝わりにくいので、後で面倒ですがビーカーに入れてやるようにしましょう。

②電子レンジのターンテーブルの中央に置き、ミツロウの粒の様子を見ながら加熱します。オート加熱だといつ止まるかわからないため、目を離さないように!粒が溶けてきたら停止します。

レンジの能力にもよりますが、だいたい30秒のようです。しかしうちのレンジはチンという音ではないにしても古いレンジなので、2分位かかりました。30秒くらいではミツロウの粒はびくともせず、30秒加熱を4回繰り返してようやく溶けました。

③レンジから取り出します。容器が熱くなっているので、鍋つかみなどを使って取り出します。

④粗熱が取れるまで待ちます。ここからは湯煎による手法と同じなのですが、レンジの場合は熱が強くこもっているためか、なかなか冷めません。

そして冷め方も湯煎の場合とは違い、下からゆっくりと冷めて、白く固まっていきます。固まるのに時間がかかるので、エッセンシャルオイルを入れるタイミングをつかみやすいという意味ではレンジによる手法がやりやすいといえます。

レンジでミツロウクリーム1

⑤下から白く固まりかけた頃に、エッセンシャルオイルを入れます。

⑥そしてよくかき混ぜます。

レンジでミツロウクリーム2

⑦冷めて、固まったらできあがりです。

今回はラベンダーとゼラニウム1滴ずつにしました。なんだか市販のクリームのような出来栄えになりました。

今回のレンジによる手法は、手軽に作りたいという方はもちろん、オール電化住宅や、コンロがIH式になっているなど、ガスコンロのない家庭で湯煎が難しいという方にお勧めです。

スポンサーサイト

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newrapid130.blog98.fc2.com/tb.php/2475-664d2687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。