AKI―エーケーアイ―
当ブログは9月28日、「新しい快速電車の勢い」から名称を変えました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ラピ@印西星人

Author:ラピ@印西星人
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
所在地:印旛沼のあるところ
誕生日:西城秀樹さん、(故)藤田まことさん、上沼恵美子さん、萬田久子さん、水嶋ヒロさんと同じ。
誕生日の花:いちご(花言葉:誘惑 甘い香り)
(スジャータによる)
血液型:A
性別:風水では「火」「陽」の気を持つと言われている性
誕生年月:ピンク・レディーがデビューする4箇月程前。
星座:おひつじ座
苦手なもの:行列、混雑・渋滞、夜更かし、長い連勤
PR:当ブログは年中無休、新しい快速電車の勢いで毎日更新!



新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ



FC2カウンター

■アクセスカウンター■ 当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても使いきれないスプレー缶、どうしたらいい?
本格的な整理整頓を始めてから実に4年(まだ終わらんのか!)、ず~っと処分に困っていた物品がありました。

それは

「どうしても使いきれないスプレー缶」

です。

スプレー缶は、きちんと中身を使い切り、かつ火の気(註:男性を除く)のない屋外でガスを出し切り、穴を空けて処分しなければなりません。

スプレー缶2 

スプレー缶3


これを行わないと、ガスが抜け切れていないスプレー缶がごみ回収車に投入され、その回収車内で爆発事故が起きる原因となり、大きな問題となっています。

また、スプレー缶の中身を普 通に活用するに当たっても、ガスやファンヒータのそばではもちろん、煙草やろうそくなどとにかく火の気のそばでの使用は、絶対にしないでください。

それだけでなく、自動車内で爆発事故が起きたという事例もありますが、これはおそらく炎天下の車内のダッシュボード等に放置して、加熱して爆発したものと考えられます。

真夏の自動車のダッシュボードは新しい快速電車の勢いで温度が上昇し、ヘタをすれば80℃にまでなることも珍しくありません。真夏の車内の温度上昇といえば、パチンコ店などで赤ちゃんを放置し、挙句の果てに熱射病で死んでしまうという問題も発生しています。

警告の話ばかりが長くなりましたが、本題であるスプレー缶の処分の話に入ります。

うちには玄関の納戸や洗面台等に、前に親が遺した大量(10数本)のスプレー缶があり、消臭剤などであれば何とか消化できるのですが、ゴルフクラブや釣具用のオイルや殺虫剤、撥水スプレーなどもありました。 



ゴルフや釣具は興味ないし、殺虫剤にしても消臭剤にしても、生活にアロマテラピーの術を取り入れている今となってはこれも無用の長物です。

こんまり先生の本に尻を叩かれ、ようやく行動を起こしました。こんな使わないスプレーにときめくわけなどないのです。

というわけで、どうしても使い切れないスプレー缶はどうすればよいのか、市の生活環境課に電話で問い合わせたところ、

「有料になるが、市の指定業者に持ち込んで依頼してほしい」

と回答をもらいました。

それが、JR成田線の小林駅から程近い場所にある「本埜共進」でした。

昨日バイクで中身の残っているスプレー缶11本と、ディーゼルカーのエンジンオイル4㍑を持参して行きました。

スプレー缶1

スプレー缶は1本当たり¥100、エンジンオイルは4㍑缶¥1,000ということで、合計¥2,100の処分費用がかかりました。

エンジンオイルは高かったですが、それでも大した金額もかからずに処分できるのなら、もっと早くやるべきでした。そして、処分を引き受けてくれたことへの感謝をこめて事務所に一礼し、JR小林駅へ向かいました(柏へ行く用事があった)。

もし皆様のなかにも、私のように使い切れないスプレー缶をお持ちの方は、いちどお住まいの自治体の生活環境課(ごみを担当する部署)に電話等で問い合わせてみましょう。

ごみ問題に限った話ではありませんが、どんなに調べてもわからないことは遠慮なく担当の窓口に電話なりメールなりで、どんどん問い合わせをしちゃいましょう。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newrapid130.blog98.fc2.com/tb.php/2224-b601050f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。