AKI―エーケーアイ―
当ブログは9月28日、「新しい快速電車の勢い」から名称を変えました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ラピ@印西星人

Author:ラピ@印西星人
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
所在地:印旛沼のあるところ
誕生日:西城秀樹さん、(故)藤田まことさん、上沼恵美子さん、萬田久子さん、水嶋ヒロさんと同じ。
誕生日の花:いちご(花言葉:誘惑 甘い香り)
(スジャータによる)
血液型:A
性別:風水では「火」「陽」の気を持つと言われている性
誕生年月:ピンク・レディーがデビューする4箇月程前。
星座:おひつじ座
苦手なもの:行列、混雑・渋滞、夜更かし、長い連勤
PR:当ブログは年中無休、新しい快速電車の勢いで毎日更新!



新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ



FC2カウンター

■アクセスカウンター■ 当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り火という、清らかな慣習

火曜日に浅草神社と長國寺の酉の市へ行き、長國寺のほうでお守りの授与を受けた際、清らかな慣習を見ました。

それは、後から調べてわかったのですが「切り火」という習慣です。

わかりやすくいうと、「ごくせん」で、ヤンクミ先生がここ一番という時(私が覚えているのはそこ)、家を出る際におじいちゃんが火打ち石でもって、カチカチ鳴らして火花を起こす、というものです。

昔からは、神聖なものであるとされ、魔除けや清めの儀式によく使われてきました。今回話題にしている切り火は、神具や仏具の清めのほかに、職人、大工、鳶職などの安全祈願、水商売の縁起担ぎとして盛んに行われているようです。

お守りをいただく際、巫女さんは私に向けて、火打ち石でもって切り火をしてくれました。その瞬間私は「お!ごくせんみたいだな!」と思いました。そしてそれは私への「GOOD LUCK!」というメッセージと感じました。

それで、ごくせんを引き合いに出しました。

といえば、休日に家の掃除に取り組む前にはいつも清めの念を込めて、ダルマろうそくにを点し、いっぷくを供えてて精一杯掃除に励むことを誓っています。

形は違えど、が神聖視されているのは西変わらない、そう感じました。

12月に入り再びバイクに乗るようになったら、出掛けに自分に切り火、は無理ですがその代わりに、ダルマろうそくの火で魔除けをして、邪気を焼き祓って出よう、そう思いました。

スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newrapid130.blog98.fc2.com/tb.php/1543-509460a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。