AKI―エーケーアイ―
当ブログは9月28日、「新しい快速電車の勢い」から名称を変えました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ラピ@印西星人

Author:ラピ@印西星人
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
所在地:印旛沼のあるところ
誕生日:西城秀樹さん、(故)藤田まことさん、上沼恵美子さん、萬田久子さん、水嶋ヒロさんと同じ。
誕生日の花:いちご(花言葉:誘惑 甘い香り)
(スジャータによる)
血液型:A
性別:風水では「火」「陽」の気を持つと言われている性
誕生年月:ピンク・レディーがデビューする4箇月程前。
星座:おひつじ座
苦手なもの:行列、混雑・渋滞、夜更かし、長い連勤
PR:当ブログは年中無休、新しい快速電車の勢いで毎日更新!



新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ



FC2カウンター

■アクセスカウンター■ 当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月飾りを追加しました。

いま歌合戦を横目にしながら記事をupしていますが、これをもって、今年最後の記事とします。

正月飾りを飾ってみて、あと少しもう少しと思い昨日、ジャスコの客感へ参戦しましたが案の定、正月飾りも鏡餅も売り切れとなった商品が出ていました。

前に玄関表扉用にと思って飾りを購入したら、玄関室内のほうが合っていたのでそのに飾ったという記事を書きましたが、本来の位置用には別のものを別の日に購入しよう、そう思っていたら完売御礼となってしまいました。

その時の記事がこれです。

http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-475.html

それから玄関には飾りを据えましたが、ミニ門松は飾れませんでした。その代わりにここに鏡餅をと思い、昨日の客感で購入して下の写真の通り据えました。

CIMG1361.jpg

比較として、鏡餅を据える前の写真を再度upします。

CIMG1314.jpg

今年の記事はこれで終わりにします。

皆様、良いお年を。


スポンサーサイト
著名な酒より、千葉の酒。

年も押し迫り、正月が近づくとジャスコには新しい快速電車の勢いで八海山や久保田、剣菱や白鶴などの著名な酒がずらりと登場するようになりましたが、千葉は関東の灘と表されるほどの酒どころで、規模は小さいけど多数の美味しい酒がある!

そう考えている私は今日、電車とバスに乗って成田山の山門前にある仁勇「不動伝心館」に行って酒を仕入れてきました。何だか川越の蔵の町の一部にようにも見えます(笑)

CIMG1386.jpg

仁勇の蔵元は、成田から少し先の香取郡神崎町にあります。ここでは毎年2月になると「仁勇蔵祭り」が開催され、毎年多くの人で賑わいます。尚、次回の開催は10周年記念で、2月24日(日曜日)に開催されることが決定しています。

最寄り駅はJR成田線の「下総神崎」駅です。

話を不動伝心館に戻します。

ここはいわば直売店で、各種仁勇製品を購入することができます。そして店頭では、酒まんじゅうと甘酒をそれぞれ¥100で購入できます。そして何よりも楽しみなのは、店頭で試飲ができるという点!

今回は、この2品を選択しました。いずれも、店頭ではここでしか買うことができないものです。

「手造り本生にごり酒(左)」「不動 吊るし無濾過 酒こまち大吟醸(右)」

CIMG1393.jpg

これらはいずれも、取り扱いに細心の注意を要します。

本生にごり酒のほうは、上に「横転禁止」とありますが、これは活性が強い酒(つまり生きている酒)で、炭酸ガスが発生することがあるためです。フタにはガス抜き用の穴があります。

大吟醸のほうは「要冷蔵」とありますが、生酒なので低温で保存することが必要なのです。しかしまったくの無濾過なので、冷蔵保存していてもだんだん熟成していってしまいます(=味が変わってしまう)ので、できる限り早く、美味しいうちに飲みきることが必要です。

先ず、大吟醸のほうをいまいただきました。

高貴な香りと優しい甘味に、仁勇らしさを感じます。

そしてこの時期は新酒の時期ですので、仁勇に限らず生原酒(火入れをしていない酒)がおすすめです。生原酒は安価で、しかもとても美味しい。

旬の地酒のほうが、著名な酒よりもぜいたく、私はそう思います。


「あたらしいふつう」に、新しい快速電車の勢いで感銘!

「年賀状は、贈り物だと思う。」

郵便局の誰が言ったかわかりませんが(たぶん広報部門?)、巧いこと言ったものだと思います。

郵政が民営化する前の年賀状は、無地、寄付金付き全国共通柄入り2種、その都道府県限定版1種の4種しかなかったのが、民営化してからは新しい快速電車の勢いでバリエーションが増え、へたをすると年賀状印刷が必要なくなるんじゃないかというほどの勢いを感じます。

その立役者なのが、佐藤可士和(さとう かしわ)氏による「デザイン年賀」。これは5枚1セットで¥500とかなり高いのですが、けっこう新しい快速電車の勢いでぶっとんだデザインが多いもののラインナップを新しい快速電車の勢いで用意したという点では大いに評価できるところです。

それから、新しい年がねずみ年ということからか、ディズニーキャラクターのセットも登場しています。これは下に写真をupしていますが、5枚1セットで¥350です。1枚当たり¥70にしては、そのデザインはオーダーメイドの年賀状印刷と何ら遜色のない出来栄えです

でも年賀状印刷は年賀状印刷で必要。例えば会社で取引先やお客様などへ大量に社名を印字して出す場合など。

個人レベルでなら、パソコンで年賀状印刷という手もありますが、私はパソコンオンチなので、いまだに原始的で古臭い手書きでやっています。

そして今年度、私はまだ年賀状を書いていません(笑)。整理整頓、大掃除に集中していたからです。

それでも今日、近くの普 通郵便局に行くとちゃんと各種年賀はがきを用意して待っていてくれました。

それから、臨時カウンターでは局長自らが出て年賀はがきを手売りするという、民営化前では考えられなかった新しい快速電車の気合を感じました。

今回は、寄付金付きの絵入り「松竹梅」と、先ほど紹介したディズニーキャラクターを購入しました。

ディズニーキャラクターは、武蔵野線で苦しい目に合わされているのでできれば購入を見合わせたいところでしたが、浦安市の福の神であり、出そうとしている人のなかにはディズニー好きな人もいるので、あえて購入することにしました。

CIMG1370.jpg

忙しかった私もこれで、郵便局に行って以前のようにスタンプをペタペタやらずに済み、新しい快速電車の勢いで年賀状を書くことができます。

いや、私に限らず先ず、時間のない人たちへの贈り物だと思う。

あたらしい ふつうに、敬意を表します。

あたらしい ふつうは、すばらしい ふつうだと思う。


今年9ヶ月少々、ありがとうございました。

皆様、日頃より当ブログ「新しい快速電車の勢い」にご来訪くださいまして、誠にありがとうございます。

ここ数日では、アクセスが30~40件台をマークする日も多くなり、管理者としてとても嬉しく思う毎日でございます。

さて、年の締めくくりのあいさつがなぜ「今年1年間」ではなく「今年9ヶ月少々」かと申しますと、当ブログを開設したのが本年の3月28日(金曜日)で、当ブログはまだ開設から1年経っておらず、今回初めての年越しとなるからでございます。

尚、これが記念すべき第1号記事でございます。

http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-1.html

何はともあれ、今年9ヶ月少々、当ブログにご来訪いただいた皆様、当ブログの記事にコメントを下さった皆様、トラックバックしていただいた皆様、拍手を下さった皆様、本当にありがとうございました。

新しい年もまた、当ブログ「新しい快速電車の勢い」をご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


芋そばのいも天のせ、ついに実現!

小江戸川越といえば、舟運で栄えた町であり、さつまいもが名物の町であります。その川越では、さつまいもを練りこんだ「芋そば」「芋うどん」「芋きしめん」が川越名物の一つとなっています。

下の写真は戸田製麺謹製「芋そば」(左)と、笛木醤油(金笛)謹製の「春夏秋冬 だしの素」です。

芋そば等は、かすかにしか芋の味がしませんので、注意して味わうことが大切です。ちなみに、きしめんだとけっこう芋の味を感じられます。

これは川越蔵の街から少し外れたところにある「舟運亭」で買いました。それからここの生うどんは安くて素晴らしく美味しく、特に平打ち麺の「煮ぼうとう」は最高です。

だしの素は、実は船橋の東武百貨店でも購入することが可能ではありますが、やっぱり川越に行って買いたかったので、川越で買いました。1㍑ボトルもありますが、無理せず500㏄ボトルにしました。

普 通のだしの素と違い、ベッタリとした甘さがなく自然な味なので、特にざるそばやもりそばのつけ汁にピッタリです。

CIMG1365.jpg

私はかねてから大晦日に、「芋そばのいも天のせ」をやろうと思っていましたが、ジャスコへ行くと年越しそばの天ぷらといえば海老天かかき揚げのどちらかしかなく、毎年これができず悔しい思いをしていました。

しかし今年は、先ほどジャスコに行った際、

「ようやくさつまいも天を発見!」

と相成りましたので、冷や汁仕立てでつくりました。たいそうな表現ですが、讃岐うどんでいうところの「ぶっかけ」です。

CIMG1366.jpg

初めての芋そばのいも天のせ、美味しかったです。


お前がついで、どーすんだっ(笑)!!!

これは、一昨日あった職場の納会での一コマです。内容からして「人権・ジェンダー」カテゴリの要素が大きいのですが、職場での話であったことから「仕事の話」カテゴリに含めました。

私のテーブルに、新入社員(男子)1人、課長代理(男子)1人と、派遣社員(女子)がいました。

そこに、部長(オッチャン・・・男子(笑))が少し遅れて私達のテーブルに来ました。

そこでその新入社員(男子)はすかさず、部長にビールをつごうとしました。

ここまではまあ、忘年会など各種飲み会でよくある、普 通の話なのですが、ここで課長代理が新しい快速電車の勢いで鋭いツッコミを一発ぶちかましました。

それは

「お前がついで、どーすんだっ(笑)!!!」

ということです。

これはどういうことかというと、

「オッチャン(に限らず目上の男子)に対してお酒をおつぎする人は、キレイどころがいるのならキレイどころであって、ヤロウのお前じゃないよ、ということ」

を言いたかったのだそうです。

ちなみに私が新入社員だった頃は直属の上司から、宴会ではとにかく誰にでもお酒をおつぎするように言われたものですが、今の新入社員への「酒席教育」はレベルが高くなったもんだな、と思います(笑)

大阪弁で言うならば

「オマエがついで、どないすんねん(笑)!!!」

といったところで、このツッコミなら大阪人にでも通用するだろうと思いました。

ちなみにこのツッコミのあと、続けて

「それこそKY(空気が読めない)ってもんだ(笑)」

と指導が続きました。

新入社員はこうしてまた一つ、社会の常識を身につけて、一歩一歩立派な社会人に成長してゆくのです。

ちなみに私の場合、てめえがつぐよりも先に人に古い快速電車の勢いでつがれるタイプなので、過去に参加した社外も含めた飲み会で人にお酒をついだ記憶、というのはほとんどありません。

うざい×100隣組での懇親会でも、つがれたほうが多かったです。

誰か、私にもお酒、つがせてくださいな~。


隣組の階段大掃除

私は当ブログ開設時から、うざい×100隣組連休を阻むように会合などの行事予定を立てることが多すぎると新しい快速電車の勢いで叫び続けてきましたがこの度、どこの町内会でも恒例行事となっているであろう大掃除も、その例の通りとなってしまいました。

連休を阻むことへの憤りは、下の記事が代表作品です。

http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-72.html

もともとの予定日は12月23日(日曜日・祝日)でした。もともとの、ということで、変更があったことを意味します。

もうお気づきかと思いますが、この12月23日って、3連休のど真ん中ですよね!?

3連休もあれば、普 通の人たちであれば、平日にできなかった用事を済ませたり、余裕があればお出かけしたり、と思うのが人情ですよね。

でこの日からなぜ変わったかというと、雨天となってしまったためです。

さすがのうざい×100隣組も、雨の中大掃除をやらせるほど酷ではなかった、と思いましたが、その振替日がまた酷だったのです。

それは、ズバリ今日!

さっき行ってやってきましたよ、「ごくせん」のヤンクミ先生みたいに、ジャージ姿になって(笑)

今日(12月30日(日曜日))に振替って、酷いというか、人、いないだべよ

だってもしかしたら、年末年始休みで田舎(うちも充分田舎(爆)ですが、その(一般的な)田舎ではなく「故郷」という意味の田舎)へ帰るという家庭(人)だってあるだろうに、そこまで考え付かんかったんだろうか、と思います。

それでも但し書きがあり、

「年末の押し詰まった時期ですので、人員の都合がつかなければ今年は見送っていただいても構いません」

当然でしょう!それが常識ってもんです!

今年度の役員には、引継ぎの際にあれだけ

「予定は早く決めて知らせること」

「プライベートの予定を崩さないような日程を組むこと」

と、新しい快速電車の勢いで、口が酸っぱくなるくらいに指導したはずなのに、それが全然できていません。

いちおう今日は、私を含め1/3くらいの人たちが出ていましたが、告知期間が短くても予定を土日にしときゃあいいべ、なんて考えはざっくばらんに言って、甘いですよ!!


テーマ:隣組(自治会・町内会) - ジャンル:福祉・ボランティア

私もうやうやしくペコリ。

今日から連休街道まっしぐらという方も多いかと思いますが、私の職場は月月火水木金金・年中無休の職場なので誰かは出ています。

それでも、多くの人たちはやはり連休街道まっしぐらに突入します。そういう人たちは、年内の最終出勤日の帰り際に

「今年も一年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします」

とあいさつをします。ここまでは普 通なのですが、私の職場では

「起立して、うやうやしくおじぎをする」

という習慣があります。これがなんだか私には

「(私は)明日から(長い)お休み。いいだろ」

と感じてしまいます。

私はこれまで毎年30日や31日、昨年度(去年~今年)など大晦日~元旦と勤務があったもので、

「いちいち見せ付んじゃないよコノヤロウ!」

と思っていたものですが、私も今年は今日で終わり。

今日で終わりということで、ようやく皆様と対等の立場です。

今年はニッコリ笑ってペコリと締めくくれます。

部屋も甦ったし(笑)


我慢の納会

だいたいどこの事務所でも今日が仕事納め(官公庁だと御用納めなどといったりする)かと思いますが、私の事務所でもその例にもれず、今日の夕方に納会を行いました。

しかし私はいつもの通り遅番で、部長からは参加しても良いと言われましたが飲酒は自粛しました。

まだまだ8時まで仕事があるし、勤務中に飲酒などといえば先日JR-Kの駅員がそれをやって問題になったことを覚えていたので、それだけはすまいと我慢しました。

みんなが楽しくやっているなか、私はあと3時間の仕事に備えて食べて食べて・・・といいつつもおなかの小さい私はすぐ打ち止めになって仕事へ戻りました。

そして8時になり、私も参加・・・と思いきや会場はすでに真っ暗でした。そこで存在感の薄い私は、キリン一番絞りとヱビスの2本を失敬してうちに帰りました。

明日もう一日出勤するから、その時にはもう少し失敬しよう(爆)


周りにも広がる、新しい快速電車の勢い

私は昨年の同時期から本格的に、家の中の整理整頓に快速電車の勢いで歯をくいしばってきました。その成果あって今年は、室内に威圧的にそびえ立っていた邪魔物を、1つを除いてすべて排除することに成功し毎日家に帰るのが楽しみになりました。

その2箇月ほど前から、私の家の周りの家からも、粗大ゴミが新しい快速電車の勢いで放出されているのを見かけるようになりました。

で今日は大掃除シーズンということもあって粗大ゴミがいくつもいくつも、いつも以上に出ていました。

それから最近私の職場でも、倉庫内の棚が新しい快速電車の勢いで別の場所へ移されたのか廃棄されたのか分りませんが、そこがやけにスッキリとなりました。

なんだか周りの人たちが私に倣っているかのように見え、見ていて少し良い気分になりました。

これであとはうざい×100隣組にも逃げずに積極的に取り組んでいってもらえると、さらに良い気分となるでしょう(笑)


二俣新町へは、バスで行こう!

その前に、二俣新町なんか行って何があるのと言ってしまえばそれまでなのですが、JR京葉線の「デルタ地帯」のど真ん中にある二俣新町駅は西船橋から行く場合、二俣新町を目前にして南船橋駅または市川塩浜駅まで行き、まるで往復するかのようにそこへ行かなければならないというとんでもなく不便な駅なのです。

先日コーナンで新しい神棚を買った、というお話をしましたが、 普 通乗用車を運転できない私は今回、その大掛かりな物を購入するという真剣な用件があったため、その二俣新町へ武蔵野京葉線を利用せずにバスで行けたら・・・と心から思っていました。

ちなみに、公共交通機関を利用して二俣新町のコーナンへ行くのは、今回で2回目です。

初回の話は、この記事をご参照願います。

http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-269.html

それが、船橋駅から出ている京成バスの船橋海浜公園ゆきと丸善ゆきなのです。

CIMG1331.jpg

しかしつい最近、この路線は京成バスシステムに移管されました。京成バスシステムといえば企業向けの貸切バスを運行する会社で、私の事務所でも世話になっているのでその名前は知っていましたが、一般路線バスの営業もやるようになったのかと驚きました。

CIMG1330.jpg

平日は朝が約10分間隔、日中は平日休日とも30分間隔、休日の朝夕と平日の夕方は1時間当たり3本程度です。この系統は京成船橋駅始発で、JR東武の船橋駅からは少々歩きます

平日の朝以外は武蔵野線の東京ゆきレベルの本数ですが、乗ってみるとやはり乗り換えや遠回りが必要ないのがこの上なくありがたく感じます

ちなみに、二俣新町駅に最も近いバス停は「二俣新道」というバス停で、歩いて5分らいです。

CIMG1332.jpg

ここまでは日中約15分、運賃¥230で、所要時間は武蔵野線京葉線よりも段違いに速く、運賃は同2線を利用した場合と大して変わりません(JRの船橋―二俣新町間は¥210)

下は、二俣新道バス停から見た二俣新町駅です。

CIMG1333.jpg

そしてこれは、コーナン付近から見た京葉線の本線への線路(通称武蔵野線です。この区間が武蔵野線ではないとは分っていても、つい武蔵野線と呼びたくなってしまいます。非鉄はおそらくほぼみんな武蔵野線と呼んでいるでしょう。

CIMG1336.jpg

これだけ立派な高架線であるにも拘らず、走る列車は各方向1時間に2~3本(通常の旅客列車)。南船橋方面は多い時間帯が一部あり、また貨物列車も走るとはいえ、さびしいものです。

これでもう、二俣新町と船橋の行き来は、京成バスシステムだ!


テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

明日、今度こそ本当に、今年最後の新しい快速電車の勢いを放ちます。

2日間続けて大掃除、というより家のスペースづくりに励み、やはり2日間もあったので新しい快速電車の勢いでまた家をきれいにすることに成功しました。

そして、それに伴い各種ゴミも新しい快速電車の勢いで出てきました。とりわけ明日が可燃ゴミの年内最終回収日ということもあり、可燃ゴミの排除を中心にやっていきました。

その結果、大4、中5、小3と、まるで整理整頓を本格的に開始した時のような勢いでゴミが出てきました。正に新しい快速電車の勢いです。

明日が、私の地域での年内のゴミ収集の最終日。明日起きて先ずやるべきことは、この袋を新しい快速電車の勢いで集積場へ運んでいくことです。

市の生活環境課からは、「大掃除は計画的に!」とのことでしたが、これが私の「計画的」であります。そのためにこの平日2日間を休みにしてもらったのです。

お忙しいところ恐縮ですが、どうか私の家の整理整頓大作戦にご協力を。

新しい年になって収納も人並みにできるようになったら、今後は可燃ゴミ袋は小型だけあれば済むような生活を目指たいと思います。

・・・というわけで、来年の目標がすでにして決定(笑)


昨日と今日とで、今年最後の平日休み

先日の3連休のうち、2日間出勤したので、昨日と今日の2日間は振替休日の平日休みです。

先日の休日出勤がきつかったので休養もしましたが、やっぱりこの時期ということで、うちも大掃除の最中です。

大掃除につきものなのが、ゴミ出し。だいたいどこの市でも今週が各種ゴミの最終週であるかと思いますが、私の地域では月曜が資源物、水曜が不燃・有害ゴミ、木曜日が粗大ゴミ(申し込みが必要だが処分手数料は不要)、金曜が可燃ゴミの最終日です。

で、今日は粗大ゴミの最終日でしたが、うちももう一発、砂南西に長いこと放置していたもう一台の平机(今夏に追放したのと同一のもの)を新しい快速電車の勢いで追放しようと思い、もしかしたらもう混んでいてダメかもと、ダメもとでもって昨日粗大ゴミ事務所に電話したところ、

「あっさりOKの返答」

をいただいたので今朝、新しい快速電車の勢いで追放しました。

そしてこれにより、もう粗大ゴミとして新しい快速電車の勢いで追放するべきものがなくなりました。

邪魔物に囲まれ続け、よく耐えて来られたものだと自分でもあきれ返る思いがします。

新しい年になったらこんどは、見えない部分の整理整頓、つまり収納に力を注ぎ、また一つでも二つでも新しい快速電車の勢いで室内を美しくしたいと意気込んでいます。


ありがとう、古い神棚。よろしく、新しい神棚。

今日は、神棚の交代のため、電車に乗って神社まで行って来ました。

その行った先の神社は、船橋大神宮にしようかと思っていたのですが、ホームページもなく詳しい情報もなかったため、子どもの時からなじみのある鎌ヶ谷の道野辺八幡宮にしました。

道野辺八幡宮は、東武野田線の鎌ヶ谷駅から西口に出て、左に向かって歩いて5分くらいのところにあります。

CIMG1325.jpg

この写真の通り先ず石造りの鳥居が出迎えてくれますが、これをくぐるとやはり鎌ヶ谷ファイターズの幟が神社の幟よりも先に出迎えてくれます

この幟だけ見たら、北海道にでも行ってきたのかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ここはうちから電車で20分弱のところです。

CIMG1324.jpg

古い御神札や神棚等を納める場所は、石段を上って2つめの鳥居の手前にあります(下の写真)。ここは今年の春先、整理整頓のペースが新しい快速電車の勢いで進み出した頃にいちど行ったことがあります。

CIMG1323.jpg

しかし、その時のこの場所は、言葉は悪いですが

「ざっくゴミ集積場のようだ」

という勢いでした。

つまり、これだけ広いスペースに古い神具や正月飾り、ぬいぐるみ・人形の類新しい快速電車の勢いで押し寄せ、あふれ返るほどになるということを意味します。

そしてそのあとは電車とバスでコーナンまで行き、新しい神棚を購入し、同じ場所にお祭りいたしました。

先ず、これが古い神棚です。時を経て、いい色に日焼けしています。

CIMG1322.jpg

それから、こちらが新しい神棚です。基本的には古い神棚とほぼ同じなのですが、屋根上が多少貧相シンプルになっている点が相違点です。


CIMG1346.jpg

あとは新しいお札を受ければもうバッチリです。近くの神社で受けられるだろうと思い、あえて今日はお札を受けませんでした。

それから下の図は、新しい神棚の外箱にあった、神棚の祭り方の図です。皆様もご参考に・・・。

CIMG1345.jpg


テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

正月飾りを据えました③

しばらくこのお題で済ませてしまおうというつもりはないのですが、これが第3弾です。

下の写真は、当初は玄関に飾ろうと思っていたミニ門松の写真です。これは東南部屋の、パソコンの隣にある電話台に飾りました。

CIMG1317.jpg

それから門松の前にあるヱビスは、どれだけの大きさであるかを実感してもらうために置きました。やっぱり500mlの背丈です。例えて言えば大きさや小ささの比較のため、その対象物の傍においてある煙草の箱のようなものです。

しかし私は煙草を激しく嫌っているため、大きさ比較で煙草は絶対に使いません。

コーヒー缶だったらもう少し分りやすかったかも知れませんが、うちではビールといえば基本的にヱビス、というのを誇示したかったからというのもあります(笑)

電話台の上は基本的にはゴチャゴチャさせないほうが良いのですが、少しは華やかになりました。

これを機に、電話台の上はスッキリした状態を保てるよう、努力したいと思います


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

正月飾りを据えました②

正月飾りの一つとして、鏡餅も買いました。鏡餅は各部屋に据える用として4個購入しました。購入する数が多いので、どこのメーカーのものを買おうか迷いましたが今回は、公営バスが各メーカーから均等に車輌を購入するのと同じく、越後製菓、サトウ食品、たいまつ食品の3メーカーから購入しました。

それが下の写真ですが、宝船が上に載っているのがサトウ食品謹製の鏡餅、その後ろのねずみが鎮座しているのがたいまつ食品謹製の鏡餅、そしてその両脇にあり、プラスチック製のみかんを載せているのが越後食品謹製の鏡餅です。

それからこの写真にはありませんが、神棚用にはサトウ食品謹製の「小型」を購入しました。小型といっても、これよりは大きいものです。

CIMG1309.jpg

このような鏡餅は大型でもそうですが、昔はビニールのパッケージに包まれていて、食べる際にはそれごとお湯で温めて、切って食べるというのが普 通でした。しかし最近では、下のフタを開けると個包装された丸餅がいくつか出てくるというタイプも登場しています。

手間を考えるとこれは便利なのですが、なんだか鏡餅らしくなくて、少々さびしいものを感じます。

下の写真は、砂南西部屋に据えた鏡餅の図です。ここと、東北の部屋には越後製菓謹製の鏡餅を据えることにしました。それからこのお札は、南西の部屋は裏鬼門ということで、三嶋大社の鬼門除のお札をおまつりしました。東北の部屋でも同様にこの鬼門除札をおまつりしています。

昨年までは玄関や神棚以外に鏡餅を据えようなど少しも思わなかったのですが、今年はちょっと違います。


CIMG1308.jpg

そして今回、このようにしてあらゆる箇所に鏡餅を据えたことで一つ、新しい問題が発生しました。

それは、1月11日は鏡開きの日ですが、あまりに餅が多すぎて、この日から当分の間は食事に餅が出ない日はない、ということです(笑)


正月飾りを据えました①

去る20日(木曜日)のジャスコの客感で、正月飾りや鏡餅等の正月用品を新しい快速電車の勢いで購入し、それを今日、少し飾りました。

そのうちの一つが、下の写真中央にある飾りです。尚、クラッチ(左)&クラッチーナ(右)は前々から据えているものです(笑)。

CIMG1314.jpg

この飾りは「昇運」という名前で、「運が昇る」ということで名前からして縁起が良いもので、運の入口に当たる玄関(ちなみに、うちの玄関は西の方角です)に飾るにふさわしい雅な飾りであります。本当は玄関の表扉に飾ろうと思っていましたが、下の写真のような構図(玄関の棚:下駄箱の上部)も良かろうと思い、このようにしてみました。

さらに、ここにはこの飾りではなく500ml缶くらいの大きさのミニ門松を飾ろうと思いましたが、クラッチ&クラッチーナがあまりに大きいため、ちょっとここには不向きなので、別のところに飾ることにしました。

もう少し飾りを買ったほうがよいかも・・・またこんどの客感(30日)で買うべ(笑)



交通カテゴリも、隣組を抜きました。

昨日の313系の記事をupしたことにより、悲願だった 

交通カテゴリの件数>隣組カテゴリの件数 

を達成することができました。

ブログ開設1年目の今年は、うざい×100隣組の追い込みと、3年間のうざい×100隣組のために乱れた生活の礎の復興に忙しく、本来の味である交通や乗車券に関する記事をupすることができませんでした。

で、開設当初は一生うざい×100隣組の役員のままなのかという強い不安もあったため、短期間でうざい×100隣組カテゴリが新しい快速電車の勢いで増加してしまいました。

来年はもう少し、自分のための時間を確保できるようにし、当ブログの内容を充実させたいと思います。


1日早いですが、今日はかぼちゃの日!
さて、明日は冬至。冬至といえば一年の間で最も陽の短い日ですが、冬至といえば、カボチャを食べてゆず湯に入る日でもあります。数日前から八千代のジャスコではゆずの香りが立ち込めていました。カボチャといえば、先日の埼玉県平和資料館の話題を紹介しましたが、そこにあったパンフレット風にいえば

「南瓜、南瓜、南瓜、南瓜、南瓜、南瓜

何が何でも

カボチャを

食べろ!

ということになります(笑)。

ぃゃどんなカボチャ好きでもここまで新しい快速電車の強烈な勢いで叫ばれると、ドン引きですよねえ。

私もカボチャを、1日繰り上げて今日、ほうとうにして食べました。黄色味がかったつゆがほうとうらしくて、いいですね。

で、なぜ1日繰り上げたかというと、明日は高校の友人との忘年会があるからです。

今回は仕事の影響ではないのですが、土日も仕事があるので記念日などの当日にイベントができないのは止むを得ないことだと思っていますので、日が多少ずれてもOKです。

例えば自分の誕生祝いも、当日でなくたって、極端な話1ヶ月早くても遅くてもOK!です(笑)

やっぱりかぼちゃたっぷりのほうとうは美味しいです。


優美なフォルム・JR東海313-2000のきらめく姿

313-2000というと何だかどこかの電話番号みたいですが、これはJR東海が誇る優美な近郊型車輌313系の2000番台のことです。

これは熱海駅での写真です。丸みを帯びた優美な正面は、往年の銘車である京王(帝都)電鉄の5000系を思わせるほどの美しい顔です。

そして純白の前面、鈍くきらめくステンレスの側面にオレンジ色の帯がきりりと光っています。

CIMG1257.jpg

313系じたいはすでに登場していましたが、それは主に名古屋口から始まりました。それから静岡地区は身延線御殿場線にさえ2両編成の3000番台が走っているにもかかわらず、熱海口の東海道線だけはずっと113系や115系などの古い電車が幅を利かせ、おそらくはJR東海で最も冷遇されていた区間となのではないかと思います。

しかしそれが今年になってようやくとりあえず113系や115系はなくなり、一般列車は銀色の電車だけになりました。

今夏はまだこの313系は少なかったのですが、昨日久しぶりに乗車したところ行きも帰りも313がやってきました。

313系はいまではJR東海一の大所帯を誇る車輌で、正にJR東海の新しい標準形車輌であります。

もっといえば、313系電車は

「JR東海のあたらしいふつう

ともいうべき車輌であります。

さらにさらに、

「ようやく熱海口の東海道線でも、313系があたらしいふつうとなった」

ようやく私の悲願が叶いました。熱海~三島間でも当たり前のように、優美なフォルム313系に乗車できること―熱海口にもようやく、本格的に新しい息吹が吹き込んできました。

しかしいくら新しいといっても、車番の文字に国鉄臭さを感じます。新しいなかにも古い部分を感じます。

CIMG1281.jpg

この形式は種別や行き先の表示がLEDになっていますが、静岡地区では快速電車が走らないので種別は普 通くらいしか見られません。それが下の写真ですが、普 通の文字が四角囲いであるのを見ると、少し前の京成電鉄の普 通電車の幕を思い出します。

CIMG1285.jpg

1枚目と同じような構図ですが、これは三島駅で撮影した写真です。ライトが凛々しく見えます。

CIMG1279.jpg

これは熱海駅の東海道線上りホームから撮影したものです。この番台はオールロングシートで、これがJR東日本の701系同様批判の声もあるようですが、端正で優美な容姿に加え、抜群の居住性で、東日本にもこのような車輌がほしいと常々思います。


CIMG1283.jpg

 


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

「めぐみの子」の弟分と妹分

私は年に数回三島に行きますが、その三島は「街中がせせらぎ」を謳っている、富士山の雪解け水豊かな水の都です。

ということで私は、三島に来たら絶対にミネラルウォーターを買いません。だって水が飲みたくなったら三島の水を飲めば良いんですもの。

三島駅は南側しかわかりませんが、その南側にはいくつか湧水地があり、広小路付近を流れる源兵衛川は下流でもきれいで、さすがは水の都です。

そのうち、三島駅を南下し、三嶋大社の西側へ向かって「水辺の文学碑」が並んだ通りがありますが、その始発点に「めぐみの子」という、三島の水を汲み上げてくれるモチーフがあります。私は三島を散策する際にはそこを拠点として動いています。

ポンプの真上に、感応式信号のようなセンサーがあり、そこに立つとここにいる二人の子が声を出して、古い快速電車の勢いで水をくみ上げてくれます。3~4回の吐水で、2㍑のペットボトルいっぱいになります。

これがその写真(昨日撮影)ですが、なんだかクリスマスモードになっています。

CIMG1260.jpg

それから、この「めぐみの子」の弟分妹分として今夏、新しい仲間を発見しました!いつから登場したかは分りませんが、「つるべっ子」という名前です。場所はめぐみの子からもう少し南下して、静岡銀行(中島支店)の角にあります。

CIMG1261.jpg

こちらもやはり、センサーに近づくと水を出してくれます。ちなみに、めぐみの子も普段はこのような格好です。

つるべっ子は、今夏にシーレックスのしぞーかシリーズを観に出て、広小路の新しいかのやに泊まり、めぐみの子で水分補給しようと思ったのですが夜間は稼動しないため、スゴスゴ戻ろうとしていたところ発見しました。

こちらもやはり夜間は稼動しませんでしたが、それでもチョロチョロ流れていた水を失敬致しました。

ありがとう、めぐみの子。

ありがとう、つるべっ子。

ありがとう、三島市。

ありがとう、富士山。

また、飲みに行きます。


テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

海老油味噌味

今日は青春18きっぷでふらっと三島まで、三嶋大社の隣にある「支那そば屋 毎度!」に新しいメニュー「海老油味噌味」らーめんが登場したのを聞きつけ、それを賞味しようと馳せ参じました。

CIMG1277.jpg

今春も味噌味が登場していましたが、今回は赤味噌の比率を増やし、前回よりも味噌らーめんらしい味に仕上がっていました。

味噌味といっても、いわゆる一般的な味噌らーめんとは一線を画した味で、海老の味噌汁のような味わい、そして味噌味ながら優しい味という「毎度!」らしい味のスープであります。

海老やかにがよく獲れるようなところでは、それらを丸ごと味噌汁の具にしてしまう、という話を聞きますが、それを丁寧に仕上げたような味といえます。

海老は、ボタンエビ、アカザエビ、干しえびの3種を使用しているとのことです。ボタンエビはにぎり寿司のネタでおなじみ、干しえびは中華料理で聞きますが、アカザエビは初めて聞きました。イタリアンで使われるそうです。

普 通の味噌らーめんでは、塩気が強かったりスパイスが効きすぎることで、特に高齢の方に苦手な方が多いようです。ところがここの味噌味は、お酒を飲んだあとでもいける、というお客さんもいたとか

味噌と酒といえば、私の職場にある鉄板料理店では、締めに味噌汁が一杯出ますが、これがなかなかどうしてほっとするもの。それ以来私はしばしば、最近は飲み会もとんとなくなりましたが、あればしばしばそのあとで味噌汁を飲んでいます。

何はともあれ、この味は私好みの味です。春になるまでにあと1回は、また青春18きっぷの頃にふらっといくかもしれません(笑)


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

初めての青春18赤キップ

本日初めて、先日JR奈良線の稲荷駅で購入した赤い青春18きっぷを使用しました。

やはり普 通の様式ではないため、多かれ少なかれ

「おやっ?」

という反応がありました。

特に乗り始めの駅では、ベテランの駅員だったこともあり

「懐かしいなあ、どこで買ったの?」

との反応。それに対しては上のように話しました。

「この券だとみどりの窓口がない駅だな。今では九州などでしかないんだな。うち(東日本)ではこういうタイプの券は出すなといわれているんだ」

とのお話。

何はともあれ、国鉄時代を知っているベテラン職員にとっては、懐かしいタイプの乗車券のようです。新しいようで実は意外に古いところがある西日本では、これが半ば普 通と化していますが(笑)

そして、この駅員さんはきっと、これ一枚で私が鉄だと感じたかも知れません、たったこの一枚だけで(笑)

それ以前にも、土・日きっぷを使った東北通いの指定券を発行してもらったり、※近距離で3分割の乗車券を窓口に出したりしているので、もうこの時点でだとバレていると思います。

それで今日は、ふらっと三島まで行って参りました。木下から約3時間40分はいくらふらっとといっても、この距離と所要時間はダテじゃありませんな。

※分割乗車券

例えば木下~我孫子、我孫子~北小金間、北小金~綾瀬間など。特定都市発着駅がらみの分割乗車券以外で、これをみどりの窓口で頼もうとすると先ず嫌な顔をされるし、だいいち業務妨害につながります。もしこれをやるなら何回かに分けるか、大きな駅にある「指定券発売機」を使用するようにしましょう。指定券発売機なら、その駅以外発着の普 通乗車券や往復乗車券なども購入することができます。


テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

こんどの客感は、新しい快速電車の勢いで正月用品購入だ!

毎月恒例のジャスコの客感が近づいていますが、こんどあさっての客感で、正月飾りや鏡餅などの正月用品を新しい快速電車の勢いで購入する予定です(笑)

客感は原則として20日と30日にありますが、30日ではせわしくなり、当日中に準備などできない可能性があり、ほしいものがもしかしたら売り切れているかもいうこと、それから正月飾りや神具等の準備を31日(大晦日)に行うということは「一日飾り」といって神様に対し失礼に当たるため、20日に購入するように決めました。

まら、29日の準備も「二重苦」(だったかな?)といわれるために避けるべきだとのことです。

今では私もこんないっちょまえなことをこいていますが、それまではこんなこと気にも留めずにいましたので、今回は気合をしっかり入れて正月準備、したいと思います。

鏡餅は神棚に大型、東北、東南、砂南西の各部屋と玄関に小型を据えたいと思います。

それから小型の門松、玄関用の飾り物など・・・門松は市からお札型門松のものが2枚配給されますが、今年度の私は、こだわります(笑)

それからこれは客感ではなくコーナンで購入する予定ですが、今年は神棚も小麦色になってきたので、新しい神棚にしようと考えています。

コーナンにあった神具店のHPのコピーによると神棚は、何十年も代々、というお宅もあるようですが、それは間違いでありどんなに長くても20年経ったら交換せよ、とのことです。うちは、何年かは分りませんが確実に7年は経っているため、それを読んで

「うちも交換の時期だな」

と思いました。

そして、お焚き上げをどこでやってもらうか、という問題ですが、これは船橋大神宮で25日あたりから受け付けてくれるとのことでしたので、そこでやってもらうようにします。

さいしょは鎌ヶ谷の道野辺八幡宮を考えていましたが、相撲の土俵くらいあったお焚き上げスペースが、猫の額ほどになってしまったので、神棚など持っていってよいかどうか不安なので、船橋にしました。


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

かぼちゃ・かぼちゃ・かぼちゃ

日曜日に行った、埼玉県平和資料館の企画展の話の2回目です。

戦争の局面が悪化すると、食料不足も深刻になり、主食が米からかぼちゃやさつまいもなどに代わってきました。これらに関する資料として、かぼちゃは作り方の小冊子、さつまいもについても同様の小冊子があり、高等女学校(いまの女子高校)の生徒が奉仕作業としてさつまいも掘りをする写真がありました。

そのパンフレットを見ると、とんでもなく気合の入ったコピーが視界に飛び込んできます。

「南瓜、南瓜、南瓜、南瓜、南瓜、南瓜、南瓜

何が何でも

カボチャを

作れ!

つまりこれは、新しい快速電車の勢いでカボチャを生産せよ、というお上からの強いお達しということを意味しています。この時代は、どんなに狭い土地でも作物を作れ、という時代だったそうです。

しかしここまで新しい快速電車の勢いで「南瓜」という単語の連呼するとなると、「たらこ・たらこ・たらこ」もビックリです。

そしてそれをメモする私は、「南瓜」と6回も書いているうちになんだか漢字の書き取りをやっているような気分になりました。

さらにこれは、好きな人への切実な思いを抑え切れず、その人の名を文字に表す、というような雰囲気にも感じます。

そんなかぼちゃですが、私はかぼちゃをしばしば食べています。

ほうとうが好きなこともありますが、かぼちゃを食べると腸の調子が良くなるからです。もし腸の調子がいま一つなら、胃薬よりもかぼちゃです。

そして、もうすぐ冬至。かぼちゃは夏が旬なのでいまは日本産ではなく、トンガやメキシコあたりのかぼちゃということになりますが、冬至にはかぼちゃを食べましょう。

日本産なら、北海道のヱビスかぼちゃや雪化粧などが最高です。


テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

大東文化大学と東武東上線

今日は埼玉県平和資料館へ行ったという話をしましたが、それは大東文化大学へ行ったことと同じということを意味します。

今回も、私にとっての埼玉県西方面への定番の行き方、金を浮かすために西船橋から和光市まで東京メトロ東 武 東 上 線に乗ったのは和光市からというエコノミーコースで行きました。

常々思うことですが、西船橋から和光や小竹向原、目黒や荻窪、中目黒など、これだけの距離をたったの¥300で行けるって、本当にすごいことです。

このうち今回のこの区間が東京メトロでいちばん長い乗車距離(39.2㎞)のようですが、同じ¥300でも北総鉄道などは※隣の駅までしか行けないですからね。

6:42に西船橋を出て、高坂駅に着いたのは8:51。所要時間は2時間超で、今日は休日だったため坂戸まで特急電車があったから精神的に良かったもの、これが川越駅から各駅停車ともなると、鉄の私でもかなりつらいものを感じます。

そんでそこからさらにバス。バスの本数はニュータウンゆきということもあり、けっこう良い本数(日中4~5本/h)がありました。田舎郊外のバスの本数としては秀逸です。だってうちより本数多いんですもの!

これは電大ゆきのバスも同様です。

大東文化大学前に到着すると、何だか勇ましい声が聞こえます。それに加えて太鼓の音も聞こえることから、一発で応援団だと分ります。で今日はその応援団の声をBGMにして平和資料館へ行くこととなりました。

大東文化大学は、ご存知の通り箱根駅伝の常連校ということで、駅伝部員(この大学では陸上部という名前のようです)が一生懸命練習に励んでいる姿を見ることができました。

大東文化の脚力は、この武蔵野の大地から生まれる、という感があります。

この駅までは池袋から急行電車で52分です。これだけで52分ならまだ普 通なのですが、これに別の路線から乗り換えて行くともなるともう旅行だと思わなきゃやってらんないだろうな・・・と思いました。

高校の時の先生で、大東文化大学出身の国語の先生がいました。

その先生の当時は、東 武 東 上 線といえば7800系が当たり前の時代で、

「(7800系)電車をよく‘カステラ電車’と呼んでた」

とのことです。

ここで私は初めて「カステラ電車」という単語を知りました。車体がクリーム色で、屋根の色が黒、それがカステラのように見える、ということからカステラ電車。巧いこと言ったものです。

それは後に5000系統に化けましたが、5070系のうちの後期形は冷房吹出口が美しいタイプで、見た目は8000系、車内は10000系といった特徴を持つ車輌となりました。

高坂から川越市駅へ行く際に乗車した10000系の車内を見て、野田線の5070系が懐かしくなりました。

実は昨日も東武鉄道を利用しました。昨日は野田線、今日は東 上 線2日間でそれぞれ会社は同じなのに離れ離れの系統の路線を利用する、というのも何だか不思議な気分がします。

※千葉ニュータウン中央、印西牧の原、印旛日本医大の3駅。


戦時埼玉の食卓

本日、埼玉の東松山市にある「埼玉県平和資料館」へ行き、企画展「戦時埼玉の食卓」を見学してきました。

この資料館は、その名から想像がつくように、戦争の悲惨さと、平和の尊さを後世へ伝えるために平成7年に開館されました。

今回ここへ行こうと思ったきっかけは、前回に紹介した「八潮市立資料館」でこの企画展の紹介パンフレットを手にしたことです。年末年始の食材調達のために川越へ行くことも考えていたので、それとWで行こう!と思い、今日行ってきました。

戦争中の食べ物はというと、お米が貴重品で、さつまいもやかぼちゃ、それからすいとんなどが思い浮かぶところですが、やはり埼玉県もその例にもれませんでした。

しかし地域によって多少の差異があります。

北足立、埼葛地方(県東部)・・・冷や汁うどん

冷やしうどんといえばわかるかと思います。うどんゆでてをざるに揚げ、冷たい汁でいただくというものです。しょうゆ味の汁にしそをまぜて、というようですが、私としては見本に出ていたキュウリの薄切りが妙に印象的でした。

入間地方(所沢や三芳など)・・・さつまいもや大根

この地域はさつまいもの栽培が盛んで、三芳では今でもさつまいもが盛んにつくられています。そしてスイーツ好きな方であれば川越へ行けばさつまいもスイーツがずらりですね。

ここでは戦争中、ふかしいもをよく食べていたそうです。それから大根の葉を煮て食べたともいわれています。

児玉地方(熊谷周辺、県の北部)・・・煮ぼうとう

秩父地方・・・おっきりこみ

煮ぼうとうもおっきりこみも、両方ともうどん料理で、幅の広い太い麺です。

煮ぼうとうは、「にぼうと」ともいわれますが、うどんと野菜をゆで、醤油や味噌で味をつけます。これが味噌味でかぼちゃがつけば、山梨のほうとうになる、といった味です。

川越地域でも、太い麺や、このようなうどん料理を「煮ぼうとう」と呼んでいるようです。

でいま山梨の話をしましたが、静岡県の伊豆あたりでも、山梨がら越してきた人たちがいるからか、スーパーでほうとう(麺)が普 通に売られている、という話を聞いたことがあります。

秩父の「おっきりこみ」は「おきりこみ」、性格的には似ていますが、群馬県が近いことから、おっきりこみと呼ばれているようです。「きりこみ」とは、具材を切るようにして入れる、という意で、そして「おっ」は上州弁のようです。

秩父は埼玉県ですが群馬県に近いことから、言葉もいわゆる「だんべえ言葉」が話されているようで、「だんべえ」と名の付いた商品もあるほどです。

これも、いわゆるそれとは異なりますが、立派な「こなもん」料理であります。

そして、当時の陸軍省の大臣も週1回の「米なしデー」にはうどんを食べ、雑誌には

「大臣も‘うどん’

とありました。

以上、簡単な紹介でした。

ここへ行くには、東武鉄道東上線の高坂駅から川越観光バス(一般の路線バスです)の高坂ニュータウン(にっさい花みずき)ゆきに乗車し、大東文化大学バス停で降りて歩いて5分くらいです。

電大(東京電機大学)ゆきでは行くことができませんので、ご注意ください!


テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

思う存分、満喫。

さて昨日は、真夜中の2時を過ぎても眠れない程楽しみにしていた、3年ぶりの忘年会に参加させていただきました。

司会の方は、1年間のことを忘れて、と言っていましたが、私は3年間のことを忘れなければいけなかったのです。3年間といえば、うざい×100隣組とともに過ごした3年間でしたし・・・。

そして、先ず何よりも新しい快速電車の勢いで食べて、飲んで、オッチャンと熱く語りました。

ひとつ心配だったのは、誰が話し相手になってくれるかでした。私は煙草がことのほか嫌いなので、今回は若い人と話すことはありませんでした。若い人=煙草を吸う人、である人が大半だからです。

それでも、仲の良い若い人がいないわけではないのですが、仕事で来られなかったみたいです。

食事はバイキング方式で、いかにもパーティーらしさにあふれていました。パエリア、ローストビーフ、フルーツ、魚の包み焼き、小うどん、フォアグラやカナッペなど、それから真新しいところで串揚げもあったりして、私好みのメニューがずらりでした。

会の途中からは小さなケーキが登場し、私はそれとともに前に出たのですが、ある人は

「私たち並んでるんですけど」

へ?どこが後ろだったの?何だか古い快速電車の勢いで秩序も何もなく押し寄せてきたように見えましたが?

そして、ケーキの前はババァ共マダム達の古い快速電車の気合がぶつかり合う戦いの場となったのです。

まあこのふてぶてしさと厚顔無恥な様が「ババァ力」たくましさと強かさが主婦の強さなのでしょう。

戦いはすぐに沈静化し、私も古い快速電車の勢いでgetに成功しました。

そして帰りには手土産もいただいて、「余は満足じゃ」の世界で幸せ気分で終了しました。

来年からは嘆願せずとも普 通に参加したいです。


テーマ:至福のひととき - ジャンル:ライフ

昨年のこの日、私は「いいひと。」でした。

いよいよ今日、夢にまで見た、憧れの3年ぶりの忘年会に、私も参加させていただけることになりました。いよいよその時が近づこうとしています(※この記事はタイマー投稿です)。

シンデレラに例えるとバスはかぼちゃの馬車のような特別なバス、ホテルのきらびやかな玄関、色とりどりの料理、仲間と酌み交わす酒、締めの上質なコーヒー、3年前までは普 通に楽しむことができていました。

バスはホテルのバスなのですが普 通のバス(チャーターの通勤バス)に比べると、JR東海に例えると新幹線115系ほどの差があります(笑)

しかし一昨年、去年は前にも書いたとおり遅番のため参加できませんでした(厳密にはほんの30分程度しか参加できず、後塵を拝む程度しかできませんでした)。

昨年に至っては、遅番だっただけでなく

「翌日は早番

勘の良い皆様ならお気づきかと思いますが、これは正に

「絵に描いた様な‘と。’」

以外の何者でもありませんよね。

早番遅番とも各2名ですが、私が遅番早番となったとなったことにより、フルに参加できた者が翌日出勤の場合、その分しんどい思いをする確率が減ったことになります

こんな有様は、シンデレラ以下の扱いですよね。

しかし今年の私は、もうこのままじゃ定年まで忘年会遅番という、こうつ時にだけ便利な単なる‘と。’で終わってしまう!という危機感が頂点に達し、シフトの希望票には

「もう毎年、忘年会の日に遅番にするの、やめてください!!!」

という切実な趣旨のコメントを書きました。

そして晴れて私も、涙、涙の3年ぶりの忘年会を勝ち取ることができたのです。

3年間分の重みをかみしめて、誰よりも素晴らしいひと時を得たいと思います。

仕事をしょっちゅう休むくせに飲み会関連だけは皆勤賞の輩なんかに、私のこの思いが分ってたまるものですか!


テーマ:至福のひととき - ジャンル:ライフ

3年ぶりの忘年会前夜の心境

新しいスーツや靴、シャツなどを用意して、まるで中学や高校の入学式を前にする新1年生のような気分です。

もし忘年会への参加が普 通のことであればここまで思わないのですが、私にとってはこの上なく特別なことのように感じずにはいられません。

ちゃんとこのあと眠れるかな。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。