AKI―エーケーアイ―
当ブログは9月28日、「新しい快速電車の勢い」から名称を変えました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ラピ@印西星人

Author:ラピ@印西星人
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
所在地:印旛沼のあるところ
誕生日:西城秀樹さん、(故)藤田まことさん、上沼恵美子さん、萬田久子さん、水嶋ヒロさんと同じ。
誕生日の花:いちご(花言葉:誘惑 甘い香り)
(スジャータによる)
血液型:A
性別:風水では「火」「陽」の気を持つと言われている性
誕生年月:ピンク・レディーがデビューする4箇月程前。
星座:おひつじ座
苦手なもの:行列、混雑・渋滞、夜更かし、長い連勤
PR:当ブログは年中無休、新しい快速電車の勢いで毎日更新!



新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ



FC2カウンター

■アクセスカウンター■ 当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼やかな風、到来。
昨晩からようやく、田舎ゆえの涼やかな風が吹くようになりました。

そのおかげで昨晩は、エアコンを回さずに眠ることができました。

やはり、高校野球が終わりかける時期になれば、秋の始まりを肌で感じられるものだと実感しました。

秋が始まるといえば、そろそろ毎年恒例のピンポイント(註:ピンポイント大掃除)の計画を立てないと…。

スポンサーサイト
より一層の節電策の、エアコンレスを断念
菅さんや東京電力さん等が、新しい快速電車の勢いでしきりに唱えているより一層の節電ですが、暑さが落ち着くのを目前にして、節電魂で走り続けてきた私でも体調を崩しそうだと感じ一昨日の晩、今夏初めて自宅のエアコンを使いました。

ちなみに去年は、おそらく7月下旬あたりからエアコンを回していたと思います。

より一層の節電を求められているのは、平日の9~20時とのことなので、早朝や夜間なら問題ないだろうとの判断もありました。

また、より一層の節電策としてごはんを土鍋で炊いていますが、これもさすがに限界が近づいてきました。仕事から帰って来て、ごはんを土鍋で炊くというのがどれだけ大変なことか・・・こちらは東日本大震災から半年経過する9月を目処に、断念しようと思います。

週末になり暑さが和らいできたら、また少し考えてみようと思います。

酒々井ハーブガーデン―優しい風と香りの庭―
先日の土曜日に私は、千葉女子高校のコンサートに行く前に、酒々井ハーブガーデンに立ち寄りました。

下は園内にあるハーブショップの写真です。ここではハーブティーや軽食、ハーブの石鹸やエッセンシャルオイルなどのアロマグッズがあります。

Herbshop.jpg 

園内には数々のハーブが咲き誇り、耳ではなく鼻を澄ませると、風の中にほのかな香りを感じることができます。

そして風向きが変わるたびに、さまざまな香りが来園者の嗅覚をもてなしてくれます。


ここで皆様がご存知の、メジャーな香りのハーブをご紹介します。


ラベンダー

Lavender.jpg 

Lavender2.jpg

日本でも北海道の富良野を中心に育っているラベンダー。香りでリラックスできるだけでなく、炎症を抑えるなど皮膚の修復作用もあるので、健康にも美容にもひっぱりだこ。このエッセンシャルオイルは一家に1本常備しておいて損はないと思います。

かつてはフランスの化学者、ルネ=モーリス=ガットフォセが化学実験中に火傷を負い、そこでラベンダーの精油を使用したことで著しい傷の回復があったという有名なエピソードもあります。(←これは検定試験に出ます!)

ペパーミント

Peppermint.jpg 


ペパーミントは、葉の裏側に油胞(ゆほう)と呼ばれる、精油を溜めるところがあります。そこを指でなでると、おなじみのさわやかな香りを楽しむことができます。これはスペアミントでも同じです。

ローズマリー

Rosemary.jpg 

ローズマリーといえば、シャンプーの成分などで耳にしたことがある方も多いと思います。学名(Rosemarinus)は「海のしずく」と呼ばれ、「マリア様のバラ」というニックネームもあります。

また、若返りの水と呼ばれた「ハンガリアンウォーター」の主成分となりました。(←これら3点は試験に出ます)

これも葉をなでると香りがします。ユーカリにも似た強烈な香りが、嗅覚を新しい快速電車の勢いで刺激します。

レモングラス

Lemonglass.jpg 

しなびたショウブのように見えますが、これは特に虫除けや、ベトナムのフォーやタイのトムヤムクンの香りづけで使われることで有名です。レモンの香りを渋く、きつくしたような香りです。

これに似た香りで、シトロネラというハーブがありますが、こちらも虫除け、特に蚊に絶大な効果があるようです。香りは、昨日のアロマ教室で初めて嗅ぎましたが、レモングラスの香りを柔らかくしたような香りです。その香りに私は、先日コーヒーファームで買ったトムヤムクンの香りを思い出し、つばが湧きました。

これだけ素晴らしいハーブガーデンなのですが、アクセスがひじょうに不便です。

JR酒々井駅から行く場合、東酒々井郵便局を通り団地を抜けて、スリーエフ(酒々井下台店)のある「墨入口」交差点に出ます。

ここから県道77号線に入り、東関東自動車道をまたぐとセブンイレブン(酒々井墨店)が見えます。

その少し先の逆トの字路に看板がありますので、左に曲がります。少し進むと大きな建物がありますので、その入口の左側。そこに酒々井ハーブガーデンがあります。

ここには定期路線バスがないので、公共交通機関を利用するとなれば駅からタクシーです。さもなくば東日本健民(註:JR東日本健康ハイキング)または京成健民をすることになります。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

新浦安の紫陽花、咲き始めある。
昨日の帰り、新浦安駅周辺を歩いていたところ、を見つけました。というより探してみつけました。

新浦安の紫陽花3

全体的にはまだ小さく、咲き始めの様子でした。

新浦安の紫陽花1

は晴天の時よりも、曇天や雨天のほうが美しく見えるように感じます。特に雨のしずくに映える姿はまことに美しいものです。

近々吉祥寺に行く予定ですが、そのときは必ず井の頭線に乗ります。

参考記事:
http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-2324.html

テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

桜の次はツツジ―初夏に咲き誇れ―

サクラの季節が終わり、もうすぐゴールデンウィークを迎えます。

するとこんどは、ツツジの季節を迎えます。

先日、新浦安駅周辺で2枚撮ってきました。

ツツジ1 


ツツジ2 

うちの団地内でも、真紅のツツジがいま蕾(つぼみ)の状態です。


テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

昨年同月比、約14%の節電に成功!
昨日、東京電力より請求明細が入ってきました。

この度の地震により、福島第一原子力発電所の事故が発生したことに伴う電力不足が発生し、

「より一層の節電を」

という気運が高まりました。

うちでは、使用していない電化製品のプラグを抜く、またはエコタップのスイッチを切ることをなどを行いました。

但し、ブルーレイディスクはタイマー録画があるため、プラズマTVについては機器の故障を防ぐためにプラグは抜きません。

プラズマTVは、見ない時は主電源を押して切るようにしました。昔はこれが当たり前だったのですが・・・。

暖房については、うちではエアコンを使いません。ガスファンヒーターを使っています。エアコンだと電気代が高くなるというイメージがあるからです。

無計画停電が実施されていた時は、寒くなるとエアコンの暖房需要が増えるから無計画停電が行われるかも、という話を聞いた時には、暖房はこんなにもエアコン派が多いのかと驚いたものです。

そしてその頃に読んだ会員誌MOMには、土鍋ごはんのススメのような記事があり、土鍋でごはんを炊くようにしました。意外と簡単にできます。とても美味しく炊けます。もちろん炊き込みごはんも炊くことができます。

小さな土鍋で少量炊くこともできて、おこげができるので、一人暮らしや少食の方、おこげが好きな方にお勧めです。

炊き上がる頃には、餅が焼けるような匂いがしてきます。

節電対策として、炊飯器を使う際には保温機能よりも冷凍して温めなおしましょうという話がありますが、しみったれの私にはそんなこと常識です。

が、炊飯器で炊くのを土鍋で炊いてみたら、電力消費量がかなり減りました。

ということを試みた結果、今回の使用量は90Kwhで、タイトルの通り前年同月比で約14%の節電に成功しました。ひと月の使用量3ケタ切りを目標としていたので、その目標を達成できてよかったです。

ちなみに前年同時期は、33日間で116Kwhでした。今回の計算結果は、この116kwhを33日で割って、その答えに30をかけて出した数値(約105kwh)との比較です。

ごはんをガスで炊くと安いといわれますが、これはもう1ヶ月やってみないどれだけ安いのかとわかりません。今回はガスファンヒーターの使用を例年に比べ早々と切り上げたためです。

テーマ:節電 - ジャンル:ライフ

どうしても使いきれないスプレー缶、どうしたらいい?
本格的な整理整頓を始めてから実に4年(まだ終わらんのか!)、ず~っと処分に困っていた物品がありました。

それは

「どうしても使いきれないスプレー缶」

です。

スプレー缶は、きちんと中身を使い切り、かつ火の気(註:男性を除く)のない屋外でガスを出し切り、穴を空けて処分しなければなりません。

スプレー缶2 

スプレー缶3


これを行わないと、ガスが抜け切れていないスプレー缶がごみ回収車に投入され、その回収車内で爆発事故が起きる原因となり、大きな問題となっています。

また、スプレー缶の中身を普 通に活用するに当たっても、ガスやファンヒータのそばではもちろん、煙草やろうそくなどとにかく火の気のそばでの使用は、絶対にしないでください。

それだけでなく、自動車内で爆発事故が起きたという事例もありますが、これはおそらく炎天下の車内のダッシュボード等に放置して、加熱して爆発したものと考えられます。

真夏の自動車のダッシュボードは新しい快速電車の勢いで温度が上昇し、ヘタをすれば80℃にまでなることも珍しくありません。真夏の車内の温度上昇といえば、パチンコ店などで赤ちゃんを放置し、挙句の果てに熱射病で死んでしまうという問題も発生しています。

警告の話ばかりが長くなりましたが、本題であるスプレー缶の処分の話に入ります。

うちには玄関の納戸や洗面台等に、前に親が遺した大量(10数本)のスプレー缶があり、消臭剤などであれば何とか消化できるのですが、ゴルフクラブや釣具用のオイルや殺虫剤、撥水スプレーなどもありました。 



ゴルフや釣具は興味ないし、殺虫剤にしても消臭剤にしても、生活にアロマテラピーの術を取り入れている今となってはこれも無用の長物です。

こんまり先生の本に尻を叩かれ、ようやく行動を起こしました。こんな使わないスプレーにときめくわけなどないのです。

というわけで、どうしても使い切れないスプレー缶はどうすればよいのか、市の生活環境課に電話で問い合わせたところ、

「有料になるが、市の指定業者に持ち込んで依頼してほしい」

と回答をもらいました。

それが、JR成田線の小林駅から程近い場所にある「本埜共進」でした。

昨日バイクで中身の残っているスプレー缶11本と、ディーゼルカーのエンジンオイル4㍑を持参して行きました。

スプレー缶1

スプレー缶は1本当たり¥100、エンジンオイルは4㍑缶¥1,000ということで、合計¥2,100の処分費用がかかりました。

エンジンオイルは高かったですが、それでも大した金額もかからずに処分できるのなら、もっと早くやるべきでした。そして、処分を引き受けてくれたことへの感謝をこめて事務所に一礼し、JR小林駅へ向かいました(柏へ行く用事があった)。

もし皆様のなかにも、私のように使い切れないスプレー缶をお持ちの方は、いちどお住まいの自治体の生活環境課(ごみを担当する部署)に電話等で問い合わせてみましょう。

ごみ問題に限った話ではありませんが、どんなに調べてもわからないことは遠慮なく担当の窓口に電話なりメールなりで、どんどん問い合わせをしちゃいましょう。

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

衝撃&初めてのリユース食器
先日行って来たよこはまフェスタ2010では今年から、世界の料理ブースにおいてリユース食器が採用されました。

これは昨日お話しした通りで、容器をリユース食器にすることになり、購入時に¥100をプラスされ、食べた後に返却すると¥50が戻るというものであります。

これを見た瞬間私は

「いくらなんでも、やりすぎだ!」

とさいしょは思いました。

私はこれを知って、慌ててタッパーに重箱の1段目や、箸にスプーンを持参しましたが、もしこれらを持参していなければ、1メニューにつき実質¥50余分に取られてしまうことになっていました。

ここ以外でも、Kスタ宮城ではマイカップでビールやソフトドリンク等の¥50引きがあったり、地方の駅において駅そばの車内持ち込み容器¥30があったりなどしますが、今回のこれにはざっく動揺しました。

すべてのメニューがリユース食器を使用しているわけではなく、箸にスプーン等までリユースではないとはいえ、食べ終わった都度1箇所しかないエコステーションにそれを持っていくというのでは、小さな子供連れなどには大きな負担になってしまうのではと思いました。

ベトナムフォーやタイラーメンなどは、汁物だからとどんぶりを持参するのは無理があり、この仕組みを知った私は、

「もしタイラーメンなど食べようとしたら、一蘭みたいに重箱ラーメン!?」

新しい快速電車の勢いで動揺しました。

でもなんとか、ベトナムフォーはタッパーに収まりました。

ベトナムフォー

また、カップもリユースのものがあり、それは野球場の飲料カップくらいの大きさでした。今回は生ビールを飲むことはありませんでしたが、もしそれを飲もうものならコーヒーなどのタンブラーしかなく、生ビール用としては小さな器です。

しかし、だからといってその分安くしてくれるとは思えないので、これは厳しすぎるのではと思いました。

リユース食器はどんな材質かわかりませんが、洗ってまた使える食器なのでその辺にぽいっと捨てられることはないであろうことと、ごみの量が少なくなることは大きなメリットだと思います。

しかし、やるならやるで、ビール瓶のように預かり金を全額返金という形でないと、なんか腑に落ちません。また、いちど借りたリユース食器を、紙ナプキンで拭くなどして、また別のところで使えるかどうかも気になります。

さらに来年は、使用済みのカップ麺の容器も洗って持っていこうかな・・・そしたらこっちの方こそやりすぎかもな・・・。


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

今年の夏は、いきなり暑い―今夏、エアコンレスは無理かも知れない―
先週の水曜日に新橋の本社へ出張した際、上着を着ていてとんでもない蒸し暑さを感じました。

昨日マリンに行った際には、天候は激しく暑く、座席は激しく熱い、そんな状況でした。

昨日は、TEAM26の招待券を使い、私にとっての特等席である2階席から観ましたが、暑さゆえに前半分を敬遠する人が多い状況でした。

20100619ME7.jpg

うちに帰ってW杯を観ていても、いつもみたいに涼やかな風が吹き抜けず、我慢できずに砂南西から扇風機を引っ張り出してきました。

これらの経験から、今年の夏はかなり厳しい暑さになるだろう、と感じました。

今年はおそらく、エアコンレスは難しいかも知れない、そして扇風機レスは間違いなく無理だと感じました。

それでも極力、田舎ゆえの涼しさを生かしてエアコンは回さずに過ごしたいと思います。


テーマ:地球環境を考えよう!! - ジャンル:福祉・ボランティア

深大寺の彩り―2010初夏―

 先週深大寺へ行った際に、新緑(ばかりではありませんが)萌える木々を撮ってきました。

深大寺7

深大寺8 

3枚目の、雪のような白い花の木はヒトツバタゴといい、これが深大寺のなんじゃもんじゃの木です。

深大寺9 

皆様も、新緑爽やかな東京の古刹、深大寺へ足を運んでみては?

下は、コンサート終了直後の風景です。

深大寺10



テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

飲みませう 酒蔵まつりで コーヒーを

というとちょっと変かもしれませんが、五人娘側の通りには有機野菜やエコ製品のコーナーに、酒粕酵母を使ったパンやカフェなどのコーナーが目白押しになっていました。

蔵祭り2010-10 

蔵祭り2010-11 

昨年もそうであったことを私は知っていたので、コーヒーを自分で淹れるという生活の技術を知った私は今年、ここでコーヒー粉を買おうと決めていました。

今回、ここに決めました。ちょっとすごいコーヒー、SLOW COFFEE。

蔵祭り2010-8

ヱビスはちょっとぜいたくなビールですが、この界隈で売っているコーヒーも、ちょっとすごいし、かつヱビスのようにちょっとぜいたくなコーヒーです。

昨年も少しお話ししましたが、ここのコーヒーもフェアトレードのコーヒーです。

参考記事:http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-1168.html

やはり、ちょっとぜいたくな味で、香りが違いました。お酒の舌休めにもちょうど良いです。

コーヒー粉は、25年以上も前から無農薬栽培で生産されている、伯剌西爾(ブラジル)産の「カルロスさんのコーヒー」を選びました。美味しい日本酒と同様に、封を切った時の香りがなんともいえないのです。

蔵祭り2010-9 

このSLOW COFFEEさんはお店を八柱に構えているとのことで、私は今後八柱霊園への墓参の帰りに行こうかななどと考えています。でも三連休中は仕事だし、火曜日はこっちは休みだけどお店が休みだし・・・。

http://www.slowslowslow.com/

八柱霊園に程近い場所にあり、しかもこのお店のある通りは21世紀の森ホールへ抜ける道で、かつて会社帰りになじみのバイク店へ行く際によく通ったのでなじみがあります。そして向かいにセブンイレブン(松戸日暮6丁目店)があるので地図を見た瞬間、その光景が新しい快速電車の勢いで目に浮かびました。

たまには、イオンラウンジばかりではなく、こういったところでいっぷくするのもいいかな、と思います。

私も、職場の人たちみたいにコーヒーマニアになりそうです。

参考記事:http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-750.html


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

第855回「暖房器具は何を利用しますか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。
今日のテーマは「暖房器具は何を利用しますか?」です。

すでに本田は、自宅・事務所とも、電気ストーブを
つかわない日がなくなってきています。

自宅では、それに加えホットカーペットが大活躍です。
エアコンは、頭がぼーっとしてしまうのと、肌が乾燥するので
できるだけ避けています^-^;
また、もっと寒くなると今度は電気毛布が出動するようになります(笑)

最近はかわいい湯たんぽがたくさん売られているので、
少し気になる本田です!

皆様愛用の、暖房器具はなんですか?
あったか~いトラックバックお待ちしております!


FC2 トラックバックテーマ:「暖房器具は何を利用しますか?」


本田さん、押忍!

私も、この課題文に応募いたします。

うちではかつて石油ファンヒーターを使用していましたが、石油の価格高騰に加え、普 通乗用車を持っていない私は先づ灯油を買うのが一苦労でした。

ガソリンスタンドまで歩いていかなくても、北風小僧の寒太郎でおなじみの灯油売りのトラックから買えば良いものの、巡回するのがいつかわからないため、どうしようかと思っていました。

そして折から整理整頓に精進していた私は、家の至る所にガスの元栓があることに気づき、チバニューの東京ガス販売店でガスファンヒータを見て検討し、灯油と比べてそんなに高くないし、いちいち給油の必要もないので便利と思い、ガスファンヒータを使用することにしました。

ということでケーズデンキ(千葉ニュータウン本店)まで買いに行き、バイクの箱に入れてゆっくり帰りました。それは一昨年の今頃の話でした。

ガス 

このベージュ色が、この写真はトンペイではありませんが、薄暗いトンペイの部屋と良くマッチしています・・・それはともかく私はナチュラルカラーが好きなのでこの色にしました。

これが使ってみると便利便利、石油ファンヒータみたいに立ち上がりに時間がかかることなく、新しい快速電車の勢いで温風が出てくれます。

さらに、普 通の家ではガスファンヒータの導入といえば何よりも先づは壁にガス栓の設置工事から始まるという話ですが、うちはガスの元栓が当たり前のように至る所にあるので、だいたい使いたいところで使うことができます。集会所のファンヒーターもガスです。

それからガスファンヒータが灯油と大して変わらないと話しましたが、これはうちが都市ガスだからです。プロパンガスだとそうはいかず、灯油と比べるとべらぼうに高いそうです。

とはいうものの、私は陽の気の人ゆえ、というわけではないのですが寒さにひじょうに弱く、今シーズンは極力ファンヒータを使わずに、と思いましたが夏のエアコン我慢のようにはいきませんでした。団地は鉄筋だから木造よりはマシだろう、といわれることもありますが、うちは田舎だから寒いのです。

おそらく、次回のガス料金は新しい快速電車の勢いで跳ね上がることでしょう。

いっとき、ガスファンヒータを使用したら59立方メートル、¥8,423になったことすらあります。夏場など請求額が¥2,000を割った時だってあったのに・・・。

冬場は寒さだけでなく、光熱費との闘いも厳しいでありんす。


テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

うちぬき―西条市は西の富士市、三島市、清水町!―

甲子園の中継では、八千代東高校と対戦した西条高校(愛媛県)のある西条市にも注目しました。

その西条市は、NHKによるとこんな市とのことです。

①愛媛県の東部にあり、海岸部には工業地帯が広がる。

②市の南部には西日本最高峰の石鎚(いしづち)山が聳え立ち、山に降った雨は地下にしみ込み、街のあちらこちらで噴き出している。

③この水は地元では「うちぬき」と呼ばれ、市民の生活や農業に幅広く使われている。

というわけで西条市は愛媛県のいわゆる東予地方に位置し、海あり山ありの市で、石鎚の恵み豊かな水の都です。西条伊予西条駅)へは、高松からJR四国特急いしづち号で約1時間半、松山からは同じくいしづち号、しおかぜ号で約1時間です。

石鎚の恵みである「うちぬき」があるのは、西条市全域というわけではなく、旧西条市域です。 尚、現在の西条市は、旧西条市、東予市、周桑(しゅうそう)郡小松町、丹原町が2004年(平成16年)11月に対等合併して新しい西条市となりました。

「うちぬき」は、JR予讃線の伊予西条駅構内のホームにもあり、改札を出ずとも飲むことができます。また、日本名水百選に選ばれています。

NHKの放送では、親水公園のような場所に噴き出している映像があり、お母さんがペットボトルに新しい快速電車の勢いで汲んでいる姿がありました。

これを見て、西条市は西日本の富士市、三島市、駿東郡清水町だ!と思いました。西条市も、富士市も、三島市も、清水町も、近くに自然に噴き出す水が豊かにあり、うらやましく思います。

静岡の三島附近にしばしば行く私は、必ず三島市や清水町などの富士山の水の世話になり、ここに来たらぜったいにお金を出して飲料は買わないことを是としています。

清水町は三島市の西隣にある駿東郡の町で、現在静岡市清水区となっている旧清水市とは別の自治体です。ここには柿田川湧水群があり、柿田川公園ではその水を汲むことができ、私も汲んで持って帰ったことがあります。

それから、めぐみの子のほうはもう何度もあります。

参考(当ブログ):

http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-471.html

http://newrapid130.blog98.fc2.com/blog-entry-242.html

そんな私にとっての「うちぬき」や「めぐみの子」的存在であるのは、専用ボトルで汲むジャスコのおいしい水ですが、土日に汲もうとするともう列ができてそれだけでやるきが失せます。

というわけで、平日休みの日中か夜にいつも汲んでいます。専らチバニューのジャスコで汲み、八千代のジャスコでは混んでいることが多いため、あまり汲むことはありません。

そして伊予西条駅附近には、四国鉄道文化館に、※十河信二(そごう しんじ)記念館もあり、鉄ちゃんにもお勧めの場所です。

※十河信二・・・西条高校出身、第4代国鉄総裁。新幹線の建設に心血を注ぎ、「新幹線の父」と呼ばれている。


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

今宵は風が爽やかなり。

今日は七夕。今年は天気がよく、織姫様と彦星様の逢瀬がうまくいったのではないかと思います。

いま風呂から出ましたが、窓を開けるとさわやかな夜風が家じゅうを新しい快速電車の勢いで吹き抜けます。

うち(の団地)は、浴室に換気扇がないという非常に悪条件の浴室なのですが、今宵のさわやかな夜風が湿気を吹き飛ばしてくれるでしょう。

毎日こうだと、今シーズンはエアコンいらずで過ごせるかも!さすがは田舎


テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

紫陽花、花開く。

だんだんと、曇りや雨の天気が増え、梅雨が少しずつ近づいてきました。

そんななか先日の日曜日、品川シーサイドのジャスコの外周に、紫陽花(あじさい)が咲いているのをみました。

あじさい 

まだ咲き始めで、あまり色が出ていませんでしたが、徐々に色とりどりになると思います。

紫陽花は、チバニューのジャスコの南側駐輪場にも、毎年たくさん咲き誇ります。


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

こうざき自然塾 in 酒蔵まつり2009inこうざき

先日の蔵祭りでは、神崎の街道が祭り一色となりましたが、鍋店を過ぎて佐原信用金庫(神崎支店)の角から寺田本家の少し先まで出店がひしめき、寺田本家の向かいには「こうざき自然塾」という、自然食品や環境に優しい製品、手作りの布製品や工芸品などの販売や利根川流域の地域の観光案内パンフの配布等がありました。

こうざき1 

これを見て私はすかさず

「※横浜国際フェスタが神崎にやってきた!」

という印象を受けました。

特にこれを横浜国際フェスタのようだと思った瞬間は、ペルー産のコーヒーの販売に

「フェアトレード」

という単語を見つけた瞬間です。

「フェアトレード」とは「公平な貿易」という意味ですが、もう少し細かくいうと国際的な貧困対策、環境保護を目的として、概して安く買い叩かれることの多い発展途上国の原料や製品を適正な価格で購入することを通じて、立場の弱い発展途上国の生産者や労働者の生活改善や自立を促進も目指す運動のことです。

それ以外には、環境負荷の少ない洗剤、染物(バスマット買えばよかった!)に、オーガニック製品や地元産の野菜類の販売がありました。

今回は地元産の野菜を楽しみにしましたが、小さな白菜が¥150で、ちょっと目ぼしいものがなかったのですが、それでも1/2カットのカボチャが¥100に心惹かれ、購入しました。

そして自然製品というのは、野菜は安いのですが「こなもん」が高いのが難点ではあったものの、にんじん、ほうれん草を練りこんだフェットチーネ、群馬県太田市産の地粉うどんを買いました。

こうざき3 

パスタの調理例です。学校給食風に仕上げました。上がほうれんそう、下がにんじんです。

こうざき6 

こうざき7 

どちらも鶏肉×シメジ×バジル仕立てで、麺の太さと鶏肉にバジルのきりりとした風味がよく合います。にんじんパスタのほうのスープは調達不足で、じゃがいもがなくてボリュームダウンしました。どちらもトップバリュ謹製のコンソメ仕立てです。

ほうれんそうパスタのところでパンがありますが、これはやはりオーガニックの小麦でつくったパンです。これも美味しく、ベーグルのような歯ごたえがありました。

こうざき5 

それから会場の端には、竹馬やゴム鉄砲、ベーゴマなど昭和のあそび体験コーナー(私が勝手に名付けた名称)もありました。

こうざき2

ここで私は初めて竹馬を経験しました。缶ポックリならやったことがあるのですが、竹馬は初めてだったので足場が低いものでも苦戦し、ムーンウォーク状態でした。ちなみにうまく乗るポイントは、前に体重をかけることです。

発酵文化の里は、エコロジー文化の里としての顔も持っていたという新しい発見をすることができました。

ありがとう、こうざき自然塾

また神崎に来た際には、よろしく。

※横浜国際フェスタ・・・毎年秋、パシフィコ横浜で開催される。


テーマ:地球環境を考えよう!! - ジャンル:福祉・ボランティア

蔵祭りルポ2009(五人娘)

さてこんどは、五人娘、香取ブランドを出す寺田本家のほうの話をします。

娘1 

 寺田本家は、仁勇、不動の鍋店(なべだな)の少し先で、千葉銀行神崎支店の斜め向かい、神崎神社の裏手にあります。

この日は両店の間の沿道にも店が多数出店し、かつ来場者も非常に多いので警備員だけでは足りず香取警察の警察官まで出て来た程です。

ここ五人娘は、仁勇慣れしている私にとっては未知の世界、もっといえば100%アウェイの世界です。

煉瓦造りの門に、伝統を感じます。そしてのれんも渋い。

娘2

この記事のタイトルは蔵祭りうんぬんとしていますが、正しくは「お蔵フェスタ」です。五人娘ののれんは渋いのですが、このブリブリな垂れ幕はなんだか女子高生チックというか、流行のラーメン店風というか、という雰囲気が漂います。

娘3 

仁勇が和風で、五人娘は洋風、という雰囲気です。

こちらでは、世にも珍しいどぶろくというものを¥100で飲むことができ、私もいただきました。その味はズバリ

「スッパイ!」

の一言です。

それはそれは、ヨーグルト以上、梅干し、レモン未満の酸っぱさで、その勢いが古い快速電車の勢いで口内を突き抜けました。

歴史を感じさせる建物がいたるところにあり、いろいろ撮りたかったのですが先日申し上げたとおりの状況となったために、写真はほとんどありません。ちなみにそれなのに仁勇がなぜあんなにたくさん写真があるかというと、一部昨年の写真を使っているためです。

そのうちの1枚。

娘4 

なんだか韮山の反射炉のような煙突!その下には、すし銚子丸に納めていると思われる青い瓶がうず高く詰まれていました。

寺田本家は、「自然酒」と銘打っているだけあってとにかく地元の原料、無農薬の米、酒造協会取り寄せではなく自前の酵母菌、そして下のように仕込み水と、あらゆる点において自然に、地元産に徹底的にこだわっています。

娘5 

それが故に、あえて「自然~」カテゴリに分類しました。

こちらでも蔵内見学があり、仁勇は自由に入場できますが、こちらは定員制で15分毎に出発という形です。

蒸し米づくり、麹づくり、酒母(もと)づくり、もろみづくりの順で見学しました。

蒸し米づくりでは、「むす」とは「命をふきこむ」という意味をこめている、という話がありました。

麹づくりを行う麹室(こうじむろ)は、サウナ室のような木張りの部屋なのですが、その外側には天井から床まで炭を敷き詰め、麹がいきいきとするような環境をつくっているとのこと!これは驚きました。

酒母づくり、普 通は機械だよりにするところをここではすべて昔かたぎの手作業で、唄を唄いながら作業するそうで、新しい快速電車の気合を感じ取れました。

解説には、地酒というなら米も地元産でなければ地酒とはいえないし、米は無農薬で、低農薬であっても農薬使用の米はダメ、というこれまた並大抵ではないこだわりを持っているそうです。

もろみ、いよいよ酒づくりが佳境に入ります。

大きなタンクのなかに、まるで昭和時代の洗濯機がつくりだす泡のようにモコモコ泡が広がります。

この泡を一なめさせてもらいましたが、この一なめのなかに酵母菌がなんと1億個もいるとのこと。人間は酵母菌など、微生物によって生かされていることを忘れてはいけないもので、やれ殺菌やれ除菌などをやりすぎるとおかしくなる、という話を聴き、色々と考えさせられました。

尚、ここでは一般的な食品、飲料の工場のように白衣を着用させられることはありませんでした。

ここでも試飲コーナーがありましたが、仁勇に比べると少なく、どれをキキチョコとして使えばよいのかわからず迷いました。

味については、以前ジャスコで買ったものは普 通の味でしたが、しぼりたての酒や吟醸酒についてはクセがかなり強く、これを私が飲めるようになるには相当の時間がかかりそうです。

それでも、またお蔵フェスタがあれば、その時はもう少しじっくり味わってみたいし、暑さの厳しい夏場の体調維持に1本飲むことを検討しています。

ありがとう、鍋店

ありがとう、寺田本家

ここでありがとうをいいましたが、まだ終わりではありません。このあとも、こうざき自然塾や北総エコーの話、それから帰る際にふんだりけったりつぶしたり状態になったエピソードもあります。


テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

陽の気、だんだん長く強く。

これは昨日感じたことなのですが、昨日は5時になってようやく空が夕焼け色になり、まだ洗濯する上での日差しは弱いものの、徐々に陽の気が復活してきたと実感できるようになりました。

日中は風が強かったものの、夜には望月がさやかに見え、締めは穏やかな一日となりました。

明日は今月2回目の平日休み。いつ太陽が出るかな。


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

新年のおそうじ修行―照準はシンク(水周り)―

新しい年が明けて2日目の今日、私もようやく正月休みに入ることができました。

親戚から年始回りにという連絡もありましたが、年末年始3連戦の翌日にわざわざ電車で片道2時間も乗ってというのはかなり厳しいので、それは1/3にして、今日は休養と整理整頓に専念することにしました。

で、今日は新年早々おそうじ修行、シンク(水周り)に照準を定めて掃除をしました。

まずはシンクについた水あかを退治しました。メラミンスポンジ(いわゆる「激落ちくん」等)を使って磨くと、簡単にキレイになります。

そして排水口。排水口は、きちんと掃除しないと生活臭の原因となり、ひいては玄関に訪れた来客が新しい快速電車の勢いでドン引きするという事態を引き起こす原因にもなるようです。

そこでどうしたかというと、先ず網と排水口内のプラスチックを取って細かい汚れとドロドロになったヌメリを取り、クエン酸水に漬けて除菌しました。

次に臭いの原因となりやすい排水口はどうしたかというと、クエン酸の袋に書いてあった

「重曹を撒いたあと、クエン酸水をかけると発泡して汚れを浮かせる」

とあったので、その方法を取りました。

すると、その通りシュワッと発泡しました。それから水を大量に流して完了。

この泡は、アルカリ性の重曹が酸とが化学反応を起こし、二酸化炭素の泡が出るというもので、これが汚れを浮かせてキレイにしてくれるというものです。

クエン酸は、酢で代用しても構いません。

風水学では、は経済をあらわすといわれ、水周りが汚れていると金運がダウンするもととなるので、汚れていると感じたら即掃除をしましょう。

これからも月に1回は、このようにシンク掃除ができるよう心がけたいと思います。


テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

砂利の処理と、ベランダ(東南)の泥さらい

先週木曜日の平日休みに、砂利の回収を指定業者にしてもらったという話をしましたが、砂利集めは実はかなり前に行っていましたが処理のしかたが分からなかったため今日まできてしまいました。

それは、うちで使わなくなった水槽の処理から始まりました。

水槽じたいは粗大として市でやってくれるのですが、そのなかに含まれる砂利は産業廃棄物扱いであるのでどこか指定業者に頼むようにとのことで、必死に砂利を大きなビニール袋にかき集めて東南のベランダに置きました。

で、さらに園芸用の玉形の石や土も無造作に南側のベランダに投げてしまったのでその後処理をいつやろうかと思いつつも目を伏せ続けてしまい、このままではだめだと思い数日前に立ち上がりました。

次にこの石もまた必死に大きなビニール袋にかき集めて2つ山をつくりました。

それからこんど問題となってくるのは土を含め,ベランダの溝を覆い尽くす泥。これは水とデッキブラシで対抗します。

先ず軽く水を流し、デッキブラシで磨いてはまた水を流しを繰り返しました。新しい快速電車の勢いで水を使うことから、風呂水を使うようにしました。

こちらのベランダは排水口やパイプがこちら側にあるので、水が流れやすい状態にして泥を磨き落としては新しい快速電車の勢いで水をぶん流して、やっとの思いであるべき姿にすることに成功しました。

そして指定業者の連絡先については、今年の初めにスプリングマットレスを処分するにあたり、昨年末に市の生活環境課窓口に行って指定業者の一覧表をもらいました。

で、その時の領収書に記されていた連絡先を基に、またここに頼もうと思い電話しました。

そして当日の朝。係員のオッチャンいわく

「このくらいの砂利なら利根川にぶん流しちゃえばいいのに、いいの?」

とのこと。

砂利類は1㎏¥50で回収と決まっていて、今回は30㎏あったので¥1,500で引き取ってもらいました。

けっこうな金額になりましたが、私の市では通常の粗大ごみ回収を無料でやってくれているのでそれだけでも他の市町村に比べればマシなのです。

ありがとう、指定業者さん。

また世話になりました。

何となくおそれ多いし、だいいち30㎏前後もあってそれをクルマを持っていない私が利根川までというのは無理があるので有料も止むを得ないのです。


テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。